2013年9月27日金曜日

AC













Update 2013 Sep NZHより
Most speculation centres on Oracle's automated foils system and/or the possibility that they have managed to find a way to include a gyro stabiliser or something similar.

Oracle Team USAがいきなり速くなった!!レースを見ていて。。ピッング、ローリングが無くなった。。ETNZは始めからそれが少ないが それ以上に良くなった。

その理由多分上に書いてある自動フォイルシステムとジャイロスタビラザー。
これはコンピュター制御だろ〜〜〜。いいのか??



On first glance such a system looks as if it would contravene the America's Cup rules that state that systems must be manually operated and not by stored power.

基本は人力で操船するのがルールだが外部パワーを使っては行けない。(電動)
メインセイルの引き込み3トン力がいるようです。グラインダーはウインチぐるぐる回してセイルを引き込むがパワーアシストがあればタック、ジャブで楽にセイルを返せる。

この2つがあればホイルの出すタイミング、角度、入れ具合はコンピュターとパワーアシストがあれば速い。。

ウインチの下に電動モーター入れればOK, ホイルの上げ下げ、角度も電動化、、自動車のパワースステヤリングか。。

Oracle Team USAは速くなった理由を公開していないが? インタビューでも だんまりをきめこんでいる。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

America's Cup は9:8でOracle Team USAの勝ちに、始めはEmirates Team New Zealandが6:1、、、7:1、、、8:4で勝っていたが。。。
Oracle Team USAは8:4あたりで休憩カードを使いボートの改良おこなう、これから上り、下りとも加速が良くなりEmirates Team New は負けてしました。

洒落にならないのが,,,,Oracle Team USAの監督はRussell CouttsでNew Zealand人なんです。
また彼はOracle Team USAの優勝パティーに参加していない、呼ばれなかった。。それは
Oracleの社長が来るなとアドバイス。。。分かるよな気がする。

負けた主な理由:
ルール:
*テレビ放映のリールで40分以内にゴールしてないと勝ちにならない。
 実はこのルールが無ければEmirates Team New は勝っていた。44分程度でゴールしていた。
*24ノット以上ではレースは中止する。。
 スタート後レース中止あった。この時はすごいリードしていたEmirates Team New Zealand。

お金:
Emirates Team Newはお金がないのでボートの改善はしなかった、出来なかった。
Oracle Team USAは沢山の資金がりOracleのデーダベースで不具合を解析しした??
ボート、ウイング、ホイルを改善した。休憩カードを使い1日か2日時間を稼いだ。

自国ボートは自国製?
この2つのボートはmade in New Zealan!!
ビルダーは違うようだ。Oracle Team USAのボートビルダーはOracleの100%子会社!!

ヘルムスマン
Oracle Team USA..AUS人
Emirates Team New Zealand.. NZL人
* 日本が参戦したときは確かAUS人

始めの8勝までEmirates Team New Zealandは速かった。その後Oracle Team USA改良は
もっと速かった。上りの速さが勝敗を決めたかんじでした。