2011年3月17日木曜日

ボットとマウンテビューは

グルグル ボットとマウンテンビューはこのブログの地震投稿に興味あるようです。

K4 Fin Update やすい、性能もいいらしい。

K4 ウエィブ マルチ フィン:
材質がプラスチックの理由は:
1.価格です。マルチフィンのG10は高すぎる。。
G10のツインフィン(2枚)は120ユーロ、K4は45ユーロ(2枚) 1/3の価格です。
クアッドは180ユーロ、K4は65ユーロ。
2. 強度は岩に当たっても折れなく G10同等。
3. 17cm長までが限界でそれ以上の長さはではソフトすぎる。
4.  重量は17cm US Boxは100gで G10より軽い。
全体とバランス、グリプはいい。まだかいてある、、G10と同じ性能とか。
詳しい情報はBoards見てください。

製造方法:インジェクション モールディングー>金型。いろいろなプラスチック
を試したそう~~。さてこのK4はGPS Speed, Formula, Waveもやる、本職は
金型屋さんらしい。
金型1個価格は 大きさ、形状にもよるが 400万~600万円かな。自分で作れば材料費だけ。
性能が悪ければモールデイング(金型)やり直しで、初期/開発にお金がかかる。
方やG10はNCで削るので性能が悪ければ削り直し、これは安い。
量産コストはモールディング(金型)は安い。NC削りは量産効果でない。


K4 fin
ここはプラスチックの新しい素材つかう。モールド作る。また価格は安く60~70ユーロ以下。
軽い、安い、曲がりも少ない。
モールドを使うメーカーはSelect.  Speed finもカーボン モールド:圧力掛ける。

K4は今のとろプラスチックではWave(US box) Finだけだけど、そのうち PB,TTのFreeride,SLを
出してくれるといい。G10のCNC削りは高い。
写真はここ。
K4 wave
カーボン Speed