2010年11月13日土曜日

GT31 誤動作防止 パドルプロテクト

GT31を防水パックに入れると、操作パドルが押された状態になることがあります。
押された状態が長く続くと誤動作する可能性がる。。この対策として絵のような
ゴムリングを張りつけるか、リングをかぶせるかです。
http://fin42.com/GP_1./Waterproofing.html
誤動作の最悪なパターンは電源OFFにならない。こうなったらバッテリーが無くなるまで
そのままです。その後 再充電復旧します。 または裏蓋のピスを外しバッテリーケーブル
の抜き差しで復旧です。裏蓋外しは防水シールに注意です。

リング、ゴムはホームセンター、ドイト、スパービバホーム。
一番いいのは絵上の左で、パドル操作可能。
ローカル:
秋葉原電気街のビス屋、堀切のネジや、ユザワヤ、しもじま にもある。
Key Lock機能もかるけど。使っていません。

 これはiPhone用、安い。
使い捨て防水。

GT31 設定 ウンドサーフィン。

GT31 ウインドサーフィン用 設定
SDカード入れる(1Gまたは2G)
電源ON で以下の 1)から3)までの設定行います。これが最低限必要な設定です。
最後に”設定後の使い方”を書いておきます。
1.) MEMORY CARDメニュー:
LOG SWITCH : ON-FIX. 
NMEA ITEMS : SBN 
MIN SPEED :2 から 5kntの間
FORMAT CARD.:SDカードのフォーマット これは1回やればOKです。
FILE SIZE :CARD SIZE


2.) SETTINGSメニュー
USERNAME. ユザーネームを入れます、これで出来るファイル名はユザー名+年日、時間となります。
SPEED AVG TIME = 10 secで 10sec平均速度, または 21secの場合は 500mrun相当になります。
SPEED GENIE :この設定単位はkm/hです。ここは0以上に設定します。設定範囲は(0km/h−99km/h)
   リアルタイムで最速、最速平均を表示します。私は20km/Hに設定しました。
 この値は設定速度を越える音/LEDで知らせる事もできますが。実際には
 聞こえない/LEDを見ることが出来ないでしょう。
 最新のFWでは停止(浜に戻り 停止 自分が動かなければ )Max Speed/Max Ave繰り返し表示します。


3.) DATA LOGGERメニュー
 連続で4.5時間(電源ONまま)SDに書き込めます。浜に戻りON/OFFすれば再度4.5時間書き込みします。
 INTERVAL=1sec
   MIN SPEED=5   5knt以下は書き込みしません。これは適当に 私は2か3にてあります。


4 .)MISC>DELETE>ALL>YES でクリヤーデータになります。
 最新のソフトFWのみ。
5.) SETTINGSメニュー でBACKLIGHT = OFF
  フル充電あればBACKLIGHT = OFFで連続25時間動作します。1日のセイリング時間が6時間であれば
 4日間は動作します。SDカードも1Gあれば十分です。
6.) MISCメニュー
  SAVE TO CARD または DELETEについて。
  SAVE TO CARD - :GT31の内蔵メモリーのデータ全てをSDに書き出します。
  DELETE -:SAVE TO CARDを行ったら DELETEで GT31の内蔵メモリーをクリアーする機能です。
      SAVE to CARDを行ったらDELETEするいいでしょ。


その他
SETTINGS メニュー
言語:英語モード
Time Zone: Tokyo 
Unit(単位の設定): Meter
Time Format :24


MISC メニューでSpeed Genie 結果を表示できます。 及びフォントの変更 FW Versionに注意。
1. MAX/NS MAX :MAX run speed /best N-second average
2. HISTORY MAX :最速の履歴
3. MAX SPEED :最速のフォント大MAX speed of the run in LARGE font
4. NS MAX AVG :Nsec MAX AVE(アベレージ)フォント大


設定後の使い方
1)電源ON
2)Card Foundを確認 
3)New Fileを確認 ここではGPS衛星確認と同時に書き込み開始。


4)浜に戻る(休憩、トイレ、飯)
  電源OFF  これでデータファイル1個できます。
  すぐ出るのであればOFFにしなくていい。 


PCで解析
1)GT31の電源OFF
2)SDカード取り出しし カードリーダーでPCにコピーする。
  SDカード内のファイル名は XXXXX.SBNなったいます。
  XXXX.SBNをコピーする。。
3)RealSpeed, GPSarpro,GPSresultで解析。
  ファイルが複数ある場合は各ソフトとも結合できます。


Google Earthに表示した場合には KMLファイル作る必要があります。KMLを作りやり方は
2つあります。
1)GT31付属のNavilinkで可能。。 KmlをNavilinkで作成する。 PC ユザーのみ。
2)GPSBabelをで作成する。 Mac/WIN PCユザーはこの方法です。
      http://www.gpsbabel.org/download.html


GT31 FW…
http://gpsgt-1131gpsar.blogspot.com/
http://fin42.com/GP_1./RealSpeed.html
FW Updateのやり方
http://fin42.com/GP_1./GT-31_FW_Update.html

GTC Morito  Eijiさん1PB リプレイは下。
http://fin42.com/Replay/morito2010/Morito2010-1112/index.html

Sailor2 Second Peak (Kts)5 x 10 Second Average (Kts)1 Hour (Kts)Alpha Racing 500m (Kts)Nautical Mile (Kts)Distance Travelled (km)
Eiji
24.44(D)
23.5 [PB](D)
4.8(D)
14.19(D)
9.76(D)
16(D)
http://www.gpsteamchallenge.com.au/sailor_session/show?date=2010-11-12&team=42


Eijiさんを例に解析ソフトの説明。この航跡は5*10のトップ速度、航跡、場所です。表示はポイントにして1秒間隔です、10sec最速開始点です そこから10秒の平均速度が42.25km/h その距離は120.9mです。120mを42.25km/h行きました。 10秒5回平均は23.5km/h=500mに相当します。


MinSat 6個、GT31のデータから衛星が5個以下のデータ計算の対象外。
HDOP=2.1 GT31のデータから2.1超えたデータ計算の対象外。
Trapezeは3Point計算。この3つの条件で: 
1sec,2sec, 10sec,100m,250m,500m,1海里、ジャイブ500m最速、場所を知る
ことができます。
*GPSディバイスが1秒間隔でデータを出力、Doppler,HDOP,速度、緯度、経度出力する必要があります。
OSX/Win: GPS Result ,GPSArPro
Win: Realspeed GPS Result ,GPSArPro