2010年7月28日水曜日

Google & Yahoo Japanの記事

Search Engine Optimization, SEO
簡単にいうと検索エンジンにひっかかりやすくすることと。特定のキーワードで検索した際に自分のページがなるべく検索結果の上位に表示されるようにすることを言う。

ニュースでGoogleとYahoo Japanは提携することになった。検索エンジンはGoogle側のエンジンに統一される。ここで新聞各社は検索エンジンの選択が無くなると騒いでいる。この新聞記事書いたかたは事実を知らない。世の中のメジャーな検索エンジンではもともと2しかない。どちらを使っても結果に大きな差は無い。まーGoogleの方が使いやすいけど(個人的には)。Yahoo アメリカはマイクロソフトと提携してマイクロソフトの検索エンジン(Bing)を使うようです。日本はGoogleと提携。
*別の意見では検索結果が歪められる、そんな事は当たり前です。元から歪んでいるです。
*うんじゃーYahoo US/ Bing /百度を使えば良いだけです。
*自分のIPS検索で”Porwered by Google”と書いてあればGoogleの検索エンジンを使用です。

中国の百度(バィドウー)などの新興勢力。アリババ。

Yahooジャパンはソフトバンクが株を多くもっいるので今回のような事態に、Yahoo(US) HQと別物です。

このブログ始める前に上に書いたSEOを検討したんよ。それでGoogleを選ぶ。。
理由はGoogle Botに興味あたんよ、こいつが世界中のサイトを見に行き更新、内容を見ている。
何を見ているかは分からない。でもある条件を満たせば毎日Google Botが確認に自分のサイトくる。
これで検索で上位に来る事になる。
このBot(ロボット)は各検索エンジンに居ます。これのでき具合とデータベースの組み合わせ、
高速で処理する==>検索結果が自分の欲しい物か? レスポンスは速いか?

テクノロジー検索エンジンもある、サイト忘れた。

自分のサイトどうなのか 調べてみる。だいぶ前にも試したが同じ結果。
Bing 英語と日本語では結果は異なる。 英語ではFin42は見えない。 日本語はOK
Yahoo Japan Yahoo USともFin42の関連は上位にでてくる。
Google 英語、日本語とも上位 これは当たり前ですか。
何で英語で確認するかて? 最近は翻訳機能があり日本語で書いても海外の方は翻訳機と連動せます。
Google翻訳を連動させる事ができます。 そー海の向こうは見ている、こちらは国内だけ見ている。

インターネットで商売するときはSEOを考えないといかんです。