2009年11月6日金曜日

@500


先日Sakaチームにジャイブでクレームつたいたけど問題なありませんでした。その時 あそうだ!! 
 @500で速いメンバーのパターンは有るのか? と思いつく。。それで。。

ううーーん わかりました少しね。

@500が速いライダーは
1)突入速度が速い。(ピーク23-25ノット) 
2)回転(セイルを返して)後再度加速する時間が短い。16kntまでの時間。4)が速ければ時間短縮。
3)18ノット近くで たぶんバックストラップに足を入れる。この動作(1-3秒)。18ノットの速度だと
グラフが直線に近い。( 上の絵で丸の部分で入れた?18ノット前後。グラフ真っ直に近い
*16ノット前後ではグラフが直線にならない傾向に、段差が付く。なんで段差が付くのか?
下の絵で右側の丸 16ノット。絵の例では約3秒ぐらい加速なし=距離にしいて25m。

足を入れたと思われる速度は:
TU 17-18 
TA 16-18 
UNI  15-17
OR 13-16
NO  16-18
BB 16-18
NA  14-
TAR 15-17
3.1)加速グラフから。16ノット前後だとこの時間(1-3秒)加速が落ちる傾向にある。
4)最低速度が10ノット以上。半径は25m以上。

いろいろ条件があるのでなんともいえないけど。グラフに段差あっても1)と4)が良ければ速い。
上の絵左丸は1回減速 。
*******
最後に以下の3つの絵は @500の結果です、大きく3パターン(クローズド(90度--)、リーチ(90度)、ボード(90度++)) 下の絵では クローズドとリーチ。
ここ例では 
突入最高速度=23knt以上 44kmh。(ジャイブ入る下り速度)
突入速度の前平均速度=21knt以上 38kmh
最低速度ターンの底=12knt=18kmh (10knt以上)
回転半径=25-30m
最低速度からプレーニング速度(18knt=34kmh)までの時間17秒から18秒。距離200mぐらいです。
これで@500は  20knt超えです。

1)森戸の@500トップスピードの絵。 
リーチ









2)上りからのジャイブ。
クローズド









3)ターン後加速して 上ってしまう傾向があります。
このパターン一番多い。

*メンバーで@500最速スクリーンショットいる人は言ってください 送ります。 悪いのも送ります。

R3-Mag /SB F/ ブーム

Severneからディジタルかしたマガジンででました 1回目。
http://www.r3volution-mag.com/issue_01.php
Heavy Weight Riders用のFormulaとLighter Weight Riders用のFormulaでる。
http://www.star-board.com/2010/products/board_formula.php

Boom

モノコックはカーボンブームが最初で高価。アルミの一体整形(ワンピース/モノコック)は何で安いのか。 部品数が少ない、組み立てコスト安くなる、フロントからエンドまでの肉厚が1.5mmになった。
既存3ピースブームは曲がりから終わりまで3mm。つなぎ目は4.5mmになる。モノコックは破損した場合は廃棄。3ピースは修理可能でつなぎ目がボルト。(部品供給できれば修理OK)

NPの新しいX6の作りは3ピースと思われる、つなぎ目がグルー(接着剤)かクリップか分かりません、ボルト固定では無いのは確かです。これも破損したら廃棄なる。

最後に最近のアルミボーム形状は異常(アホンダラ)に思える、それはフロントハンドを持ちやすくする為に色々な形状が出てきた。一番大事なのはフロントの曲げ半径を大きくし 強度と曲げに強くする。 たぶん今後 長いブームは各ブランド曲げ半径を大きく、ブームの径も大ききするー>4、5年前の形状に戻る!!!
*この4、5年アルミモノコックは多くの不具合が出たそうです 原因はFlexy.
**マーケッティングは色々な理由で変化する。

以上 ある弱小ブームメーカの方が言っていました。
自分のアーロンのモノコックアルミボーム切って みますか(1.5mm?), 確かに部品数は少ない。手持ちのブームは短いので大きなセイルは張らないかいいけど。その他に3ピースブーム2本(ボルト)、径32mm