2009年5月1日金曜日

GTC(GPS Team Challenge)参加チーム募集

戸以外で参加チームを募集しています。参加希望の方は登録のお手伝いいたします。
参加条件:
1)最低2名 セイリング場所を決める。(チーム名も決める)
2)GPS機器が必要です、各自1個
3)解析ソフト(Realspeed GPSAr)
ただしKa72を使用すれば、解析ソフト必要無し。
注4)チームが同じメンバーで場所が異なる場合はチーム名を変え別チームとします。
*この競技はhttp://www.gps-speedsurfing.com/と同一です、違いは個人かチームかです。
   
オーストラリア国内で始まった
GTC(GPS Team Challenge)はやっと4カ国(ニュージランド、クロアチア、日本、オーストラ
リア)になりました。
日本もスコアーが出せるようになりました。

このGTC競技は初心者から上級者まで参加できます。
競技の概要
*2sec peek速度、 10sec *5平均速度、ジャイブ速度、1海里速度、1時間速度、帆走距離
 の5種目です。5種目総合ランク、各種目別ランクで競技します。
*この5種目をチームで行います。

1)チークは最低2名以上とします。
2)チームは同一のセイリグスポット(他の場所に移動しない)
3)スコアーを出す場合は同じ日に2名以上のセイリング結果が必要です。
  
セイリング結果は上記5種目です、5種目全ての結果を出す必要はありません。
  例)1時間以上セイリングできない場合もあるからです。 1回のセイリングで
     2sec peek, 10sec*5と帆走距離の3種目の結果はでます。
4)月間、年間でスコアー、ランキングが決まります。
5)チームのキャプテンが結果データの管理するとのこと。(チームのメンバーも出来る)

*チームの2名が同じ日にセイリングできなくてもかまいません、1名の記録(データ)を
 登録でき、個人の記録として残ります。(チームのスコアーで出ないだけです)。
*初心者は上手な人から技術を教えてもらえます。これを書いている本人はジャイブはで
 きません、でもってチームのキャプテンです。 プッ!!! レベルの違うの当たり前で
 気にしないのです。
 この間は 今日は速いと思ったら18ノット(30kmh)!!
 

解析用ソフトはRealSpeed またはGPSArです。
2sec peek速度、 10sec *5平均速度、ジャイブ速度(アルファー500)、1海里速度、1時間速度、帆走距離を
解析にRealspeedまたはGPSArを使います。
Ka72のサイトでgpx,SBN,NMEAファイルをアップロードすれば結果がでます。
解析(計算)結果の例はここです。

使用するGPS機器はGT31/11 Foretrex201。 機器の設定はここです。
連絡先:yoshio14@gmail.com