2009年1月25日日曜日

New Mistral Flow 250 10XL W58cm No1

1年前ハイパーさんからMistral Flowをもらう、ノーズが10cm程度ないので白エポキシで修理しそのままでした。で処分するのは良くないのでFlow 250cmを作り始める。260cmか250cmか245cmのどれにするか迷ったが250cmに決定した(車の制限から?)。(整形までの作業時間は4時間ぐらい)
下左は白エポキシで修理した、下右は250cmになったFlowdです。今は整形したところまでで
す。その下はジクソーで一気カットとその断面。
最後が整形したところです。グラククロス有るのでOKです、今低粘度エポキシ(透明)待ちです。
低粘度エポキシでないとグラスファイバー上手く張る事ができません。ファイバーに染み込ませ必要があります、また下地接着を確実行うため。

整形で時間掛かるのは PVC、カーボン繊維、スチロール順にサンデイング。滑らかに傾斜を付けないと後から固めたグラスファイバーが剥がれる。
エポキシは大きく2種類あります硬粘度、低粘度があります、硬粘度はグラスファイバークロス張りには適していません。市販(普通の店 、透明エポキシは少ない)のエポキシはほとんどが硬粘度です。
エポキシ、ボートビルト関連はこのサイトに説明があります。