2009年6月27日土曜日

6/27 GTC 7人のリプレイ

7人分のリプレイです。
http://fin42.com/Replay/regatt/m0627/index.html
サーバからのローデングに少し時間が掛かります少し待ってください。ローデングさればPC内の処理です、SpeedResult, Parameterを好きな様に変更して見てください。
*全員でるまでも時間が掛かります。
**SpeedResultsで各人の結果でます。結果画面が出たら色々なチェックボックスにチェックを入れ、計算してみてください。
**自分のだけ 見たい場合は: 画面の真ん中(航跡画面)近くを クリックすると
 PARAMETERS ボタンが出てきます、これを押すと、別の画面がでます、その中でShowの
 チェックが全員入っています、これを選択(チェックをはずす)とその人は見えません。
*1グリッド 400mになります、距離の参考にしてください。浜から沖まで7.5グリッド=約3kmです、NonさんTakeさんが沖まで!! 1nmにトライ。

2009年6月25日木曜日

GT-31 Speed Genie設定/セイリングする前に

(A) GT31 Speed Genie機能ついて & 使い方。
(B) セイリングする前に。

(A) GT31 Speed Genie機能ついて & 使い方。
GT31ではSPEED GENIEのスレシュホールド設定すると、電源ON、衛星認識後
自動的にSPEEDメニューになります。

SPEED GANIEのスレシュホールド意味。
このスレシュホールドの範囲は:0−99km/h です。
例)この値を30と設定すると、
現在の速度が30kmhを超えたとき、GT-31はこの現在速度SPEEDスクリーンに自動的に変わります。
また現在の速度30kmh以下であれば、GT-31はMAX/NS MAX]スクリーンに変わります。
*NS MAXは下のSPEED AVG TIMEの設定結果になります。
**(GT31マニアル17/18ページ参照。)
***SPEED GENIEの値が入っていればSpeedメニューに切り替わりす。

SPEED GANIEの設定  (GT31マニアル ページ55、56参照)
1)SETTINGメニュー
2)SPEED GEMINE へ移動
3)値を変更します。
0:SPEED GEMINE OFF
1-09: 単位はKm/hです。1以上はONになります。
4)SPEED AVG TIMEへ移動
5)ここで10を選択します。
これは10sec平均速度の時間設定です。
500mRunが平均速度表示したい場合は21secになります。

ここでユーザーは3)のスレシュホールド速度を自分の目標にするのか。
適当に設定していいかと思います。(私は20km/hしておきます)。
(B)セイリングする前に。
  MISC -> DELETE-> DEL ALL
   全部消去です、その日セイリンする前に1回やるといい。

2009年6月24日水曜日

2009のテスト from windsport.com & 2010 モデル

2010年のモデルテスト中、今は2009年6月。http://www.godsavethewind.it/news/materiali/204-sail-2010-preview.html
P7はライダーも黒い。
http://www.godsavethewind.it/news/materiali/273-point-7-stage-27-giugno-.html

KaSailも来年のモデル開発中、Webに出るのは10月頃です。
CarbonArtは3Finモデルを出してきた。プロモデルはハルがテフロン加工+硬く+軽い。
CAのSP53新モデルのテスト中。

2009年のモデルテスト。
windsport.comから以下のテストレポートが出ていました。
下の各ULRに行ったら、右にある ボードまたはセイルを選ぶと評価を見る事が出来ます。グラフで見えます。
09 Freeride Boards 125-155L Test report
09 True Wave Boards
09 Big Sail Tests 6.5-7.5m)
09 Freeride Sails (5.6-6.0m)
http://www.windsport.com/09_freeride_sail_test_5.66.0m?news_id=249&uniqid=1435
http://www.windsport.com/gear_box?news_id=257&uniqid=974

7.5 Sail評価(ボードシーカーから

Concept Slalom ++

Greg Penne/DPA  このシェープは何処かでみたような。
http://web.me.com/gregorypenne/www.gregpenne.com/Gregpenne.com-DPABoards.html

http://web.me.com/gregorypenne/www.dpaboards.com/DPABoards.com-BLOG-HotNews/DPABoards.com-BLOG-HotNews.html

http://web.me.com/gregorypenne/www.dpaboards.com/DPABoards.com-BLOG-HotNews/Entrées/2009/5/25_New_concept%2C_LA_Mini_board_de_Slalom_2m_03....html

SUI-4 Laure   ミスReefコンテスト  AHDは頑張る。

ミストラル(Mistral) パート3
ニック ベーカ(K66)はやはりミストラル(PMプロダクトマネージャー)を辞めUKに戻る、地元で活動をするそうです。Boards 5月号にインタビュー記事出ていました。で5月号なのでインタビューは4月、3月の話でしょー。この時点AB+がミストラルブランドを引き継ぐ
話は終了していたのでしょ。??

K66はミストラルのツインフィンボード、スラロームボードの開発楽しかったようです。で新しいブランドの立ち上げも考えたがまだ速いとか。finの販売は今も続けいているそうです。
開発したツインフィンボード、スラロームボードはMistralが11月に新たにリリースする製品あるのか?  


Boards,WindsufにMistralの広告が無い。Fも無い。あるのはF,SB,JP,EX,R,Tだね。AHDはサイトの更新があるのでOK.

2009年6月21日日曜日

RePlayの操作 Take/Non/Tsu Replay

http://fin42.com/Replay/regatt/TakeNonTsu090621/index.html
http://fin42.com/Replay/regatt/TakeNon090620/index.html
*18の早送りです、 Accelerationスラーダーで速度変えられます。
http://www.fin42.com/GP_1./Results.html
Replayの操作
結果の見方  左絵をクリックしてください。
1)ボースかストップで動きを止めます。
2)SpeedResultボタンで結果を表示させます。
3)SpeedResult画面で 行をクリックすると 位置が分かります。

SpeedResultで1sec 2sec 100m ...にチェックを入れれば その結果をだします。チェックを入れたらRe Computeボタンを押す。

2009年6月20日土曜日

GTC 6/20


6/21のつゆちゃん。
http://fin42.com/Replay/tsu/tsu0621/index.html
GTCにはUpしました、 PB4つです。
リプレイ画面がでたら 画面の右上のSpeedResultを押すとが見えます。
 


すみませんGTCの結果は下です。
http://www.gpsteamchallenge.com.au/sailor_session/show?date=2009-06-21&team=42

画面の右上のSpeedResultを押すと結果でます。







GPSResultsの簡単使い方 GT31/11に付属 Win,Macの両方有ります。

6/21 update
Takeさん Replay.
http://fin42.com/Replay/take/take090620/index.html
画面の右上のSpeedResultを押すと結果でます。

Takeさん参加

今(6/20 21:38)で15位。 Ochiaさんのデータが見えない。あやーーー。
Takeさん スラドショー ダブルクリックで大きな絵が見えます。

2009年6月19日金曜日

新機能 

5Pリプレイで画面の右上のSpeedResultを押すと5人の結果を見ることができます。 

下の絵の赤丸のチェックボックスにチェックを入れRe(Compute ALL)を
押します。そうすると チェック入れた項目で再計算されます。
Doppler ON, 2sec ON.. あとは 好きなところにチェックをいれてみてください。
*5人の名前のタブごと表示されます。
GPSAR  Version 4.9からこの機能がサポートされています。








2009年6月15日月曜日

GTC ギャラリー、Falcom ,Exoce SL Fin Select & Xo


Select Finから Fanatic Falcom ,Exoce SL に合わせたFinの選択が出ていました。
セイルサイズに合わせて 以下のカテゴリーに最適なFinサイズが出ています。
1)Match Racing & Crosswind Speed - SL7 / SL9
2)PWA Slalom - Elite S07 / Elite S09

GTC 6/13


5P replayです。下をクリック( Non Tsu Ochi Naka and b14 replay)
http://fin42.com/Replay/regatt/NTOB0613/index.html
途中から動き出します。理由は5人が同時にセイリングしている時間からリプレイ。

Repalyを見るにはJavaが必要です。Javaのサイト(下)からダウンロード
します。  1、2,3の順番でインストールできます。1)に行くと、2)があり自分のPCにJavaがあるかどうか確認(Version確認も含む)。


2)Java の有無のチェック

3)Javaソフトウエアー今すぐダウンロード


見えたら カレントタイム スライダーをスタートタイム方向動かせます。アクセレー スラダーをX16倍〜X20倍が良いでしょう。Ochiさんのは速度表示がでません(私がなにかミスった)。







6/15 Nonさんを結果をupしました。 ニュージーランド北より上がりました。



6/14 Tsuyuchanの追加しました 14位に浮上。
あとで 3人のリプレイる、5人そろったら 5人のリプレイ。
3P?
















今 落合さんを登録して 私と落合さんの結果GTCにポストしました。
まだ Over allで17位、、1時間、1海里、距離で順位が上がったけど!!!
PB(パーソナル ベスト 6個)



6/13 22:00のステータス。

明日リプレイ作ります。そのサイト下です。


2009年6月14日日曜日

6/13 Tsuyuchan

Overvew

リプレイは時間がかかるの 待って。







アルファー500m











500m run











10sec peek












2sec peek  21.18knt=39.22kmh このグラフの右にスパイクがあります。スパイクは30ノットです。
これはGT11の異常ではありません。位置情報のミスです。GPSディバイスの異常速度です。
この現象があるので ドップラー速度、位置速度の両方を見る必要があります。
速度の結果すべてドップラー速度です。












1カイリ

2009年6月12日金曜日

GPSディバイスの異常速度表示

GPSディバイスの速度表示異常は位置情報,衛星見失いが原因です。
これは緯度経度の計算ミスで起こるようです、原因は衛星信号(衛星を見失)受信できない時におこります。
速度計算=距離÷時間

1秒間隔で緯度経度の計算をし2点間の距離を出してます、この時2点間の距離が異常に長い。
この異常な距離で速度が速く表示される時があります。(時間は正確です。)
この現象をスパイクと呼んでします。Doppler計測でも起きます。

GPSデバイス自身の速度表示が変だ! 経験があるとおもいます。
この現象はGPSデバイスの故障ではありません。あって当たり前の話です。
Garmin301,GT11,GT31で経験済みです。

GPS解析ソフトウエアー(Realspeed,GPSresults,GpaAr)はこの異常速度を修正します。

Doppler speed Vs Positional Speed精度
ドップラースピード(Doppler speed) 位置スピード(Positional Speed)の2つの計測があります。
制度はDopplerの方がいいようです。またスパイクは起きにくいようです。


実際の現象は以下です。
絵上 Garmin 301 Tracking point 243起きました。 243の速度は12.309ノットです
   242は6ノットでその前は2ノットです。いきなり6ノットから12ノット倍の速度です。
   加速時間は1秒で6ノット加速(11kmh)。
絵下左 はRealSpeedで修正した結果です。 242と243は修正され、243は3.64ノット
   242も修正されました。

絵下右 はGT31のスパイク現象です。ドップラースピードと位置スピードのグラフが絵下にあります。
   また絵の中 左上では航跡が飛んでいます(ワープですかね)。
   Tracking point 1144を見ると(青表示)Speed(位置スピード):12.497ノット、Doppler:3.693です。














スパイクが起こる原因が2,3あります。
*アンテナ内蔵されゲインを取れないー>信号が弱い。これはしゃーない。
*プレーニンング中撃沈で体が信号をブロックしてしますー>これは私 !!!
(沈でこの現象は起こりやすい)
*帆走中ポート、スターボドで次の衛星がくる方向にデバイスが向いていない時受信信号が弱くなる。
(体が信号をブロックしてしまう)。
*価格が安い、小型化のトレードオフです。
それでドップラーと位置の2つ機能を入れより正確は速度を計測してます。
+ソフトウエアーで補正。



2009年6月11日木曜日

ミストラル パート2

Anders Bringdal(AB+)がMISTRALのブランド ライセンスを取得でMISTRAL(ミストラル)ボードの存続を維持することになる。ここで存続の維持で名乗り上げたAnders Bringdalなのか? 買い取ったのか? 売ったのか? その辺の事情は良く分かりません。
ニュースでは:
2009年7月1日からMISTRAL(ミストラル)再スタートするようです。関連会社の契約が7月1日切り替わる。
新しい製品ラインアップは今年11月に14製品(ボード)再度リリースする。
5 slalom series,
The long distance GPS boards
The GPS Speed Board.
14種類のボードをリリースする。

そうすると先のMark NelsonとNik Beker (K66)なんかはどうなるのか? 
彼らが開発(2009/8)したMistral SL 110:
ニックベーカ:この開発はエキサイティングたった、ミストラルには長い間SLボードが無かった。このボードではFootを真ん中が最適なポジション。
評価はControl + Speed in Hi Wind はいい.<--- WindSuf UK. North SailのデザイナーKai Hopf のfinメーカーMean lineはミストラルにfinを供給していたけど。 Nik BekerもFin
作ってたな Freeride ,wave. Mean lineはSL & FR fin.


Mark NelsonとNik Bekerはミストラルにはいないとか。
       AB+のブランドがなくなり、ミストラルになるとか、うわさが飛んでます。
       11月まで製品街なのか?






例のお嬢さんはどやらミストラルファションビジネスに興味があるよな? 感じです。
2、3日前まらミストラルサイトみたらAB+がメインでAB+のボードの紹介が詳しくなっていた。
F2もサイトのupdateが停止気味ですね。開発の兄ちゃん辞めたし。


Fin Kai Hopf
http://www.meanline.com/
Mark Nelson
http://www.nelsonfactory.com/en/products/index.php?edit_document=1
ミストラル
http://www.mistral.com/
AB+
http://www.abpluswindsurfing.com/
Nik Beker fin
http://www.2xs.co.uk/home.asp?CID=149

2009年6月9日火曜日

Nonちゃん Nakaさん  0606


Nakaさんもでたのね。










Nonちゃん 森戸から逗子へ 往復8k。
結果はupdateしてあります。
http://www.fin42.com/GP_1./Results.html
ReplayでMapのアジャストが上手く出来ません。グルグルアースのオバーレイ(右絵)から、MAPのアジャストがよろしくない。何故か分かりません!!!!解像度の問題かも。

Replayはここです。
http://fin42.com/Replay/Non/non0606/index.html
GTC Croatia NorthのWarriorさんのサイトです、クロアチアの様子が分かります。

2009年6月8日月曜日

GTC (GPS チーム チャレンジ)? チームの作り方

GTC (GPS チーム チャレンジ)?
http://www.gpsteamchallenge.com.au/   6月は日本から結果のupが無いので日本地図が出ない!!週末風がないのね。現在の日本チームはMorito Beachのみ。

1)初心者(プレーニングできればOK)から上級者まで、誰でも参加できます。
2)チーム競技です。最低2名以上。
3)チームはセイリングする場所が特定されます。(例)森戸チームの場合は森戸海岸のみです。
*日本中どこからでも参加できます。複数のチームのメンバーも可能です。
4)同日にチームメンバー2名以上がセイリングしなとスコアーは出ません。
5)この競技は1年間の行い、年間スコアーが少ないチームが優勝です。
  また月間でも行われます。 
  
http://www.gpsteamchallenge.com.au/rankings?country=0&month=05&year=2009


競技は6項目あります。瞬間のトップスピードだけではありません。
1)2sec(2病間)の最速(2sec Peek Speed)
2) 5 * 10sec Averege は10秒間平均速度の トップ5平均速度です。
3)1 Hour 1時間平均速度
4)Alpha Reacing 500m  はジャイブのエントリーから抜け出しまでの500ms速度(平均速度)です。
5)Nautical Mile(1海里)は1海里の平均速度です。
  約1.8Kmをセイリングした平均速度です。
6)Distance Travelled その日セイリングした距離

*Morito Beachのb14はジャイブはできません。

この競技のオペレーションは西オーストラリにあります。
参加国はオーストラリア、ニュージーランド、クロアチア、日本。
参加チームの多いのはオーストラリで次にニュージーランド、クロアチア、日本(現在1チームなので寂しいい)。




やってみようかな? と思うか方はfin42の連絡先へ。または直接GTCにコンタクト可能です。
GTC直接:
http://www.gpsteamchallenge.com.au/comment/contact

チームの作り方:
1)2名以上のメンバーが必要です。
2)キャプテンを決める。
3)セイリングする場所を決める。
4)チーム名を決める。
5)上記1−4まで決め、キャプテンはチームをCTGに登録する。
  登録用紙(登録フォーム)に以下の項目を書く。
  キャプテン: 氏名、生年月日、住所、メールアドレス、チーム名、セイリング場所説明(地名)。
  チームメンバー:氏名、生年月日、住所、メールアドレス、チーム名。
  18歳以下は保護者の署名が必要です。
  登録フォーム( registration form)は以下からダウンロードしてください。
  
http://www.gpsteamchallenge.com.au/files/documents/gpsrego.pdf
6)キャプテンはメンバーのセッション管理で競技6項目をGTCにupします。
  注1:6項目の結果は全てでません、例えば1時間以上のってない、1海里セイリングしない時も有るので
     結果のある項目をGTCにupします。
  注2:速度の単位はノットです、距離はKmです。
7)その他 参加メンバーはGTCにログイン可能になり、コメントをポストできます。
  英語が基本ですか、日本語のOKです。

8)必要な機器:
8.1 GPSデバィス
* NAVI GT-11 (uses 1 sec recording intervals which is approved for this Challenge)
* NAVI GT-31 http://locosystech.com/product.php?zln=en&id=30
* Garmin Foretrex Series
* Garmin Gecko Series
* Garmin Edge (1 second setting)
* Garmin Legend Cx (1 second setting),
 **GarminユーザーはPCにGPXデータをコピーしてキャプテンに送るか、自身で解析して結果をキャプテンに
  送る。
 **GT11/31ユーザーはSDカードからPCにバイナリーファイル(SBN)キャプテンに送るか、自身で解析し
  て結果をキャプテンに送る。
8.2 項目解析ソフトについて。推奨ソフト。 
  解析用PCはwin xp/Vista ,Mac OSX(GpsAr/GpsResults), Unix( GpsArのみ可能)。
  RealSpeed ,GpsAr,Ka72( web site)が良いでしょう。
  GPSResultsを上記3つのとは大きな違いがあります。
   *2sec peekで RealSpeed ,GpsAr,Ka72は3ポイント(速度トラキングポイント)の平均の計算です。
   *2sec peekで GPSResultsは2ポイント(速度トラキングポイント)平均の計算です。
  よって速度に差がでます。

Realspeed(Win Xp/Vista) 20ユーロ 無料の場合は機能限定です。
 
http://www.intellimass.com/RealSpeed/Single.htm
GpsArPro4.9(Win Xp/Vista OSX Unix) 30ユーロ GpsAr V3.3.3 フリー 
 
http://gpsactionreplay.free.fr/index.php?menu=2
GPSResults (Win Xp/Vista) 29ユーロ 30日間
 
http://www.gpsresults.com/download_e.html
GPSResults for MAC OSX
 
http://www.gpsresults.com/GPSResultsV5.01Mc.zip
Ka72はwebsiteにSBN,GPXデータでuploadすると6項目の結果を出してくれます。無料。
 
http://www.ka72.com/Default1.aspx

RealSpeed, GpsarPro,GpsResulteの比較
http://www.fin42.com/GP_1./Software.html



このにはGTCにupした結果(Real Speedを使う)
http://www.fin42.com/GP_1./Results.html
GpsArのReplay(3人同時)
http://fin42.com/Replay/regatt/nonnakab14/index.html
GPSディバイスの設定方法
http://www.fin42.com/GP_1./GPS_Settings.html 
GpsArのreplay wab公開方法
http://www.fin42.com/GP_1./ReplaynoWeb_gong_kai_fang_fa.html

 
以下は各項目の結果例です。

























2009年6月5日金曜日

Freeride Board CaFR68 & SB F111

左絵で 緑に部分にデータを入れるとボードのデザインができます。アウトラインだけです!!ピンク色はボードを上から見て半分、黒い部分は横から見たプロットです。
これで発砲スチロールをNCマシンで削れば出来るかも。
このエクセルファイル下からです。
http://www.speedsailing.com/BoardDesign.xls

モデリングソフトここにもあった。













CarbonArt Freeride68 2009/8
( 118L, 250cm, 68cm , Tail-W 42cm,NoseRocker 192mm 重さ7kg)
Strboard Futur 111 2008
(111L 244cm 68,5cm Tail-W 43,7cm N0seRocker210mm 重さ7.4kg)
重さはストラップを含む。
両方ともFinはTT box 38cm。






2009年6月2日火曜日

今日は迷わず 防波堤の内側を目標にした。6/2

6/2
迷わず 防波堤の先端を目標、接近して内側に回り込む、泳いで終わりです。 6.6 +111L 16knt
絵クリックでリプレイ。 ワンタン5人でした。


結果かはここhttp://www.fin42.com/GP_1./Results.html