2008年8月5日火曜日

アンダースタンディング ウインドサーフン(帆掛船はみな同じです)

アンダースタンディング ウインドサーフィン(帆掛船はみな同じです)

見掛けの風と真の風、見掛の風に対するセイルの角度と速度
Apparent Wind:見掛けの風
True wind:真の風
このサイトに資料があります、絵をだけでも分かると思います。
真の風(風速)、見掛の風(風速)とボード速度??
セイルの角度、ボードの角度。。。。。
1)True Wind & Apparent Wind
真の風&見掛けの風
2)Sailing on a Beam Reach
ビームリーチセイリング
TWが20KnotsでBV(ボードスピード+進行方向)= 30Knots : AW(見掛) 30Knots BVとawの角度39度(Fig7), Fig 8ではAW19KnotsでもBVが30Knotsでる(角度aw41度)


 
3)Sailing Upwind
アップウインドセイリング
4)Forces Acting on the Sail
セイルのパワーの引き出し、awの角度いつも維持できない。バテンのないセイルだど裏風でセイルのホイルがつぶれるのである程度わる。バテンあるとそれが分からないので経験と感覚です(ハーネスの位置も重要か?)

セイルの深さでもaw変わる。








http://deniswee.net/ApparentWind/

次は C3 FinのBoogieさんのボート/フィン。
http://picasaweb.google.com/C3carbon/BigWorld 2004年頃のボードのデザイン。。
http://picasaweb.google.com/C3carbon/Design 2002年頃のデザイン(フィン)
昨年までプロリミットでFinの開発をしていたが、自国NZに帰りC3を立ち上げる。









C3は下記の資料を参考に?(英語も有る):キャビテーションとは何? いいキャビテーションと悪いキャビテーション=>スピンアウト、フィンのドラッグ増大とか。
http://www.fluidlab.naoe.t.u-tokyo.ac.jp
/Research/CavPictures/index.html.ja