2008年7月19日土曜日

Windsufar VS Boards

あれー同じ写真のソース!!モデルは同じ、服装が違う。


7月号
Windsurfer特集:The Test 2008 39モデル
Boards特集:Pound for PoundこれUKの通過ポンド、重さのポンドを引っ掛けて、軽いボードは良いのか(性能が)。
記事の例:
ミストラル Scremer 104Lカーボンケブラー(6.8Kg)とグラスファバーの(8.0Kg)で差が有るのか?(価格、重量、性能)
結果:重量差1.2Kg  価格差160ユーロ 性能はインターミディエイトで中風では安い方がいいと。乗り手のスキル、風、波も考慮されていた。 浜で運んでいる時1.2kg差が重ければ高いボードを買ってちょ と言ってます。



トレーニング、アドバス
Windsurfer:The Magic for Skill-up
    Lesson for Begnners Port 1 and 2.
Boards: FastStart (Simom Bornhoft)はビギナー、インターミデイトのトレーニング、アドバス
    です途切れず連続しています。今月はセルフコーチのやり方です。毎月連載毎月
    FastStart (Simom Bornhoft)のもう一つは早く上達方法です、今月はブームの高さ、
    ハーネスラインの長さ、ハーネスラインの位置。それとハーネスを掛けたセイルリン
    グの悪い例と良い例。毎月連載中
    Wavesailer(Jem Hall) アドバンスセイラーの為のWaveテクニック。毎月連載中。

  写真の取るアングルが違うみたい、写真で悪い例と良い例があり、かなり
  上から撮影しているので、足の位置、膝の曲がり具合、腕、腰、お腹と良くわかる。
  日本側は撮影位置が低すぎるかな。。てーことは2D的なりがちです。UK側は3Dに近く
  なる。もう一は真横のから撮影がない斜め前方から、または後方、後方斜め。
  *これは撮影船の差ですテンダーからでない、ハイデッキボートでねーと駄目だ。
  

子供のローラルトレーニングが沢山あるんよ。。