2008年5月27日火曜日

3Dモデリングソフトウエアー

以前からボード、フィンメーカが3Dモデリングソフトウエアーを使うのはあたりま。何処のソフトウエアーを使っているのか興味はあっのです。やっと分かったAutodesk Maya!!!

最近C3が復活し Autodesk Mayaを使っていた(左写真)、その次がボード同じくAutodesk Mayaで作ってる。Autodesk MayaはCNCマシン(3Dフライス盤に近い)と連動(今はあたりまえ)するで自動化でき、最後の仕上げ終わり、特にフィンは早くできる。

モールドが完成すれば後は量産ですが=>量産方式
NCで1枚1枚削り仕上げる=>半ハンドメイド方式

でもテストはライダーかそれともシュミレーションソフト使うか? 今のところライダーかね、シュミレーションソフトは高い。

C3
Boogie VierthがC3 Fin再開しました。(ニージランド)
開発者: Boogie Vierth
Sales+Marketing :Dave McPhee
Production Maneger :Ian Fox
Chief Tester :Martin van Meurs
マスプロダクションでコブラの様です。
http://www.c3-fins.com/C3_web/products.html

インターネットPaypalで購入可能です。運賃はフィン1-3枚でNZ$70,4-7枚でNZ$90,
7枚以上運賃無料のようです。
G10 Slalom/Speed 価格はNZ$260-300で今買えます
G10 STRIKE Asymemetric Speed(非対称スピード)そのうちでる。
G10 CYCLONE Wave 開発中
G10 FREERIDE 開発中