2008年3月28日金曜日

Update 4/2 2008 GPS機器の比較


Update 2008 4/2
GT-11で昨年10月に試したデータを元にGPSAR-Proで自分の航跡を表示。このGPSARは複数のデータ(各人のデータ)同時に表示して画面上に航跡を表示します。この表示は面白いです、例えばチンして自分が海面で同じ場所でぐるぐる回ってるのも分かります、またジャイブ/タック時の速度も画面上位に表示してます。
Ikkoさんが言っていたRS232のこともありGarminは負けてしまったのです。Loco Systemはウインドサーファー、カイトからフィードバックをかなり盛り込んでます。
**//**

現在GPS SPEED SAILINGではほとんどNAVI GT-11を使用しています。
当初はGarminしかなかったのです、2007年の始めNavi GT-11がLoco-Systemsからはリリースされました。Naivi GT-11とGarmin Geko/Forerunner /Fortrexの最大の違いは速度計測方法でDoppler shift(ドップラーシフト)とTracking Poit(トラキンギグ ポイト)違いです。
Loco-Systems GT-11:Doppler shift/Tracking Poitの二つをサポートする。
Garmin Geko/Forerunner /Fortrex:Tracking Poitのみ。

詳しくは説明できないので簡単に言うと:
ドップラーシフト方式による速度算出:衛星信号電波のドップラーシフト利用。最低衛星3つ,各衛星のドップラーシフト使う、3個以上認識?後1個でも動作は継続するようです。(2点間距離から速度計算しないようです、トラキングポイント見て、下)

トラッキンポイント方式による速度算出:位置情報(最低衛星3つ信号で最初に位置決定、その後2秒後に位置情報決定後2点間の移動距離か速度計算する。

*精度ではロギングタイムが2秒と1秒の差があるので精度が良くない。

手元にはGarmin Foreruner301(心拍計測できる/USB内装バッテリー)とNavi GT-11があります。
そこで以下の比較してみました。
電源ONから使用可能までの時間(衛星認識するまでの時間)動作時間計測場所芝公園。
Navi GT-11の衛星を認識し使えるまでの時間:45秒
Garmin Foreruner301の衛星を認識し使えるまでの時間:80秒

速度の違い(差分 GT−11/Forerunner):時速で4kmぐらいForerunnerが早く表示する。今日自動車のダッシュボードに2つ置いては走る、GT−11目的地(病院まで)まで速度0表示にならい、Forerunnerは2回ほど0表示で衛星ロストにより速度計算が出来ないようでした。

**最大違いはGT-11は衛星1個でも動作する(速度表示はする)Forerunerは衛星多分2個しか見えないと速度0となるようです。
**GT-11はドップラーシフト機能、トラキングポイント機能両方サポートしてます。
**Deta解析時にUSBまたはSDカード使えるので便利です。



GPS比較           NAVI GT-11  Garmin Geko   Garmin
                    Forerunner    Fortrex

AquaPackの有無       Yes       Yes     No
10秒間 平均速度表示     Yes       No      No
10秒間 平均速度の履歴表示  Yes       No      No
ロギング間隔         1秒       2秒      2秒
ドップラー(Doppler)     Yes       No      No
デーダロガー         SD及び本体   本体      本体
最大ログ時間         1日      6時間     6時間
ダウンロード速度       速い       遅い    遅い
電源             Accu(内蔵) Batterry /内蔵   Battery


最後にGT−11がもう一台新品があります、欲しい方に譲ります。FW(ソフトウエアーは1.65にバージョンアップ済みです。この新バージョンは速度表示をLCD最大文字してあり見やすい。)4笑い。