2008年9月30日火曜日

Dan Kaselerさん

Dan Kaseler
NaishでセイルのデザインをしていたころのDan Kaselerさんです。
このときにラージラフスリーブを開発してNaishはステレスをリリースした、日本の雑誌に紹介されていました。
*対称ウイングの開発もしていました、リブ材質はバッグ、カーボンと試したようです。
*非対称ウイングも開発したようです。
*カーボンウイングも開発する。モールドから作成する。
その後かれはガストラに移籍して今のVaporをリリース。
でBarry Spanierさんガストラ出て、マウイセイル立ち上げる。
12/3/2003 にFinian MaynardさんがNaish board and a Naish sailで46.24Kntをだして最速なった。
11/13/2004には46.82 knots  Naish sail boardはF2
下はカーボンウイング












下はカーボンリブです US1111が試た?
このセイルは非対称です、スターボード側乗りです。
(ポート側でも角度を帰れば走れる。)










ラージラフで実際に使われた(左)、右は対称ウイングです。











2008年9月27日土曜日

鎌倉夕日、御成門、愛宕山、六本木ヒルズ

送信者 Kamakura 08/09/23 21:47

9月23日の鎌倉の駐車場から。
送信者 Kamakura 08/09/23 21:47

ララポートの屋上からレインボーブリッジ、フェリー埠頭。

これを見に行きました。
送信者 Onarimon-atagoyama08/09/27 21:36


夜景の撮影
ISOを100から800/1600に上げる、これでシャッタースピードが速くなるので手振れ防止。
暗いのでオートフォーカスが使えない時がある、その時は広角側にセットする、なんで?
広角側になれば5m以上は無限大とかになるのでフォーカスを気にしないですむ、
被写体は5m以上、これは1例です。
*フラシュは使いません、なんで? 回りに迷惑。

2008年9月26日金曜日

西オーストラリアのスモーキン(Smokin speed sailing)

インターネットでもHDが出た来て画像が奇麗になりました。
This was a fun some smokin speed sailing from Chris Lockwood and Dan Engdahl -
Speed Sailing - Pt Walter Sept 21 By Reflex Films
View in HD  Download 360p Version  Visit Reflex Films's ExposureRoom Videos Page


This was a cool session shot with Chris lockwood at woodman point in west Australia.
Chris is one of very few sailors in the world to sail at speeds over 50 knots (for short bursts of time)

2008年9月24日水曜日

GT31 ソフトウエアーがアップデートされました。

2009 5/19 update 最新はここです-> V1.2 b1405xです。


2008 9/24 Update
GT-31のFW(ファームウエアー)の最新Versionがリリースされました。
VerisonはV1.0 (B0331)
VerisonはV1.2(B0922)

ダウンロードはここです
手順書を書きましたが、面倒な方は現場(森戸)でやります、連絡してください。


リリースノート(改善項目)
1)電源ON時 衛星信号ステータスページの変更。
2)衛星信号補足(3つ)後自動でSpeedページに移動する。この機能
  によりスティクで操作する必要がなくなりました。
  電源ONだけの操作だけ良い。
3)Speedメニューで速度表示のバグ修正(確か、これは有ったな、なんか変だった)
4)Speed表示でKey Lockのバグ修正。
大きく修正されたこのへんです、修正要求はウインドサーファーからです。


**UpdateはMACでは不可**
1. Download the latest GT31 firmware GT31_FW_V1.2B0922.ZIP
 GT31_FW_V1.2B0922.ZIPをダウンロードしてください。
 
2. ダウンロードしたファイルを解凍してください。

3. CD ROMにあるNaviLinkII programsとFirmware GT31Updater.exeをPCにインストールしてください。
4. GT-31をPCのUSBに接続します、アップデート中はUSB接続を切らない様にしてください。

5. GT-31の電源ONにしましす。
 SETTING->VERSION->UPDATE->YESを選択します。

6. Windowsのアプリケーションを全て終了してください、印字も終了してください。

7. GT31Updater.exeを起動してください。
 ここでCOM(番号)ポートを選択しますが、接続されているUSBポートが何番か分かりませ
ん。PCによって異なりまっす。私の場合はcom4がGT−31接続されているUSBポート。

8 . SELECTで解凍したファイル選択します。
 ”GT31_FW.S ”

9 . executeボタンを押してUpdate開始です。
 成功すれば Successが表示されます、失敗はErrorがでます。
私の失敗:COMの選択を間違えました、Sucesseceが出ない場合はcomを変えてみてくださ
い。
       
10. 9で成功したら、再度Versionを確認してください。電源ONでSETTING->VERSIONで確
認します。VerisonはV1.2(B0922)と表示さればOKです。Update後既存設定は保持されてます。



/********************************************************************/
GT31ウインドサーファー/カイトサファー用の設定資料がLocoSysから出
ました。(9/15 LocoSys SiteにUploadされていました)
*FWのUpdateは現在ありません。
ダウンロード

2008年9月21日日曜日

Luderitz Speed Challenge 2008 Sep

Luderitz Speed Challenge 2008 Sep
今ナビビア(アフリカの南大西洋側)でLuderitz Speed Challengeが行われてる。
参加者はカイト、ウインドサーフィン。
Rob Douglasさんカイトで最速を出した(49.84ノットWSSRC記録)、Bjorn Dunkerbeckさんはウインドで最速(49.84ノット、10位)です。
総合ではカイトが上位を独占中です。
Rob Douglas (Kitesurfer) この人のクラシュはすごい。



Bjorn Dunkerbeck (Windsurfer)


場所

大きな地図で見る

セイル、ボード、フィンの計算

James Douglassさんが作った体重からセイル、ボード、フィンのサイズを計算するエクセルの表です。
セイル計算では黄色のセルに体重を入力すると風速に合わせて推奨サイズが計算されます,ピンクセルはセイルサイズ直接入力すると風速が表示されます、グリーンは風速を入れるとセイルサイズが表示されます。(先に体重は入れておくこと)
ボード、フィンも同様に計算されます。







上の絵では橙色はノットを風速(m/sec)に換算してあります、オリジナルエクセルではノットです。
ボード(L):推奨サイズ、最小サイズ(黄色のセルに体重を入力)。 (初心者のサイズもあります)
フィン:ここの入力は体重(黄色)、セイルサイズ(緑)を入れます。結果
フリーライド、スラローム、フォミュラ、、、と推奨サイズ、オーバーパワー、アンダーパワーなどです。
*この計算表はルーズとういことで 参考です、スキルにもよるとのことです。
*数値入力は英数字半角です。

2008年9月18日木曜日

スタンドアップ+バイキング+タンデム

どこの国もこれがはやっているようです、釣り道具で楽しんでる。 












AB+SL 最初はバイキングのロゴがあったらしい。
実際のプロダクションはこれです。













最後はタンデム。

2008年9月15日月曜日

NASAホイル シュミレータ

これはおもろい、、けど 使い方わからん。
このSiteで左下に以下のスライダーがあるのでこれを動かすと左上ホイルの傾き、形状が変わり流れが変化する。
1)Angle-Deg, : ホイルの傾きをスラダーで動かす
2)Camber -%,:ホイルの深さをスラダーで動かす、(深さでない な!!なんて言うのか?)
3) Thick-%:ホイルに薄さをスラダーで動かす
これら3つを動かすと、Liftの数値が変わる->場力
*Airfoil Shapeはホイルの形状を変えることができる。
*分からなくなったらresetボタン押す。
でどうなの?? 分かりません グラフの意味不明??

web siteは
http://www.grc.nasa.gov/WWW/K-12/airplane/foil2.html

2008年9月13日土曜日

Hi Speedの条件

Update 2008 09/15 カイト 50ノットラン 写真の人




Update 2008 09/14 AM7:XX
左の写真は 彼がセイリングする場所です、水深は10cm程度です。
ここ水深で50ノットを越えています、彼のテクニック、論理は認める。
けどスーピドセイリングのカテゴリーを分けないといけない、またこの写真あんちゃんはウインドサーフィンフォーラムでグランド効果と騒いでます。


今スピードセイリングでホットな話題
今年5月にWSSRC(スピードセイリング会議)で”50cm以上の深さで行う”と(海、湖、沼、、)条件が追加かされました。
これが発端でカイトセーラは納得いかぬ?。(あるカイターが声をあげんたよ ドイツのおっさん)
*理由:既にカイトは50ノットを突破しています、50ノット以上を出すには水深が出来るだけ浅いほうがいい。でもルールでは50cm以上の水深でないと最速記録を認めない(50cm問題)。
*ドイツのおっさんさんはWSSRCにレターを書いた、内容は水深10cmも認めよ。WSSRCからは回答は無し。
*で切れてたのか分からんけどGPS-speedsurfing.comのフォーラムに書き込んだんよ。ある条件で高速でセイリング可能、、(ここで問題が起きたんよ-->論議?
その条件とは? 
1)ウインド(風)-->図1、2
2)ウオーター(海でも、湖でも、液体)-->図1、2
3)ランド(地面、地上)/グランド効果 -->図3、4

この3つ中で1)の風の強さこれは理解できる、2)これはチョプ(波高さ)が大きければ叩かれて遅くなるこれも分かる。
問題は3)これは水深が浅ければ浅いほど条件がいい、、この説明は絵をみて考えてくださいね。(図3、4)
  
問題1:セイリングとは何か帆(空気の中にある)、ハル(水面に浮き人を運ぶ)、フィン(水中にありハルを前進させる)の3っでセイリングと言う。
そうするとフィン(ダガーボード、センターボード、水中翼)は水深10cmで走れるか?
カイトは可能です、その他は不可能。。
問題2:セイリングの意味でカイトもセイリングか?? (フィンが少し)と言われてしまったです。別のフォーラムで!! 話が変な方向に行ってしまいました(ランドヨット、アイスヨット、ランドカイト、アイスカイトをセイリングと言うか?)。
      
問題1、2で多くのウインドサーファーは
A)グランド効果(上記3))は理解できる、うん分かる、でもウインドサーフンそんな浅いところ出来ねーだろー。
B) WSSRC色々考えて50cm水深した、しゃーない。ルールはルールで従うのがいいだろー。
C)この論議に怒ってしまったウインドサーファーはゲームが違う。
怒った理由は速く走る技術的/論理なのか?それともウインドよりカイトの方が速いと言いたいのか?それともWSSRCにウインドサーファーからも助言を求めているのか(水深浅くしろ)。
D)南半球の連中はシンプルです、好きにしろ 俺らは速く走るの好きです。
*GPS使い誰が速いのか。
*プロもアマチュアも関係ない
*自分は20ノット越えたか、30でだか? 楽しむ。
スピードは楽しいのです。


図1           図2
図1:3要素 風、波、ランド/グランド
図2:波は高くなる(陸からは離れるほど、オフショアー)


図3            図4
図3、4:これが問題の件 図4で浅ければ浅いほど速くなるで、こうなると氷の上と変わらん(濡れた浜、氷上)、ハイドロプレーニング状態。確かに速いでしょ。
図3はリキッドアイスではグリップ、コントロールできハイスピード(図3右)、
図3左は直接地面に接触はノーグリップ、ノーコントロール、風速より遅い。
図4は見てとうり角度浅ければ波が立たない かつ図3の状態を作れる。
これがスピードセイリングかで揉めた。

2008年9月10日水曜日

9月10日は北東の風

今日は逗子湾手前で乗ってました、FT111+Koncept6.6+34cmのKa Finブローで走り出しました。ユニさんも登場でした。
4時に撤収して豊洲のララポートでごはん?

学連が来ていました。

ララポートの広場 犬も散歩できオープンレストラン、バー、、いろいろ。

駐車場から、手振れ!!! 平日は人がいないね。

2008年9月9日火曜日

AB+ 2009 SLALOM model

Anders Bringdal.2009モデルのビデオ

Slalom54 238cm 54cm 75L
Slalom59 240 59 95
Slalom67 238 67 110
Speed46 226 46 63
Fin/Liberty finが付属する、写真ではDeboichet SL2/SL3の様です。


2008年9月7日日曜日

ハイテクノロジーーーーーー

1)最新ボード
ドレインがあるのでこれは中空洞ですね、ゴムのブーツで乗らないと滑る!!
これは今年モデルです(自作)。

ハルの形状を見てみたい!!

2)CutOut RRDボード
RRD最新のスラロームのカットアウト、リミテッドエディション。
かなり深い、形状がだいぶ違う 以上。



3)Power XT mast baseの案配
非常に便利で
*1クリックごと細かくチューニングできる。
*簡単にリギングできる(力を必要としない)。
*海上でテンションを+にできる。

しかし問題があったロープが滑りだすと、ほとんど使えんと。
滑る原因1:ロープの同じ場所がカムプーリに来てしまいます、そうするとロープが摩耗し
カムプーリに引っかかりが悪くなり空回りです。
対処:摩耗した部分がカムプーリに当たらない様に長さ調整する または ロープを新品に交換する。

滑る原因2:カムプリーの摩耗、使用環境で異なるようです、砂+ロープで摩耗して滑り始る。カムプーリ交換で対処、部品はノースが供給してくるとか。
注意事項:適正な太さのロープを使う事と、使用者は言っております(径4.5mm)。
     3mm,4mmは駄目でした、また5mmもよろしくない:プーリーへの掛かり具合。
     使用後塩分、砂は水洗いし除去することだとか。
    
10名のコメント     
*世の中に出すのが速すぎた、R&Dもう少し研究せよ。

Fin 30cm,34cm,38cm (SL fins)

Finの出来具合。
Wolfgang Lessacher slalom fin..30cm Tuttle (30cm-48cm)
Ka sail slalom fin.............30cm Tuttle (26cm-37cm)
Ka sail slalom fin.............34cm Tuttle
C3 VENOM slalom fin............34cm Tuttle (26cm-48cm)
Drake Freeslalom Swift.........38cm Tuttle(Futura 111に付属)
左からWolfgang-30cm,Ka-30cm,Ka-34cm,C3-34cm,Drake-38cmです。


ケースの出来はそれなり。傾きが分かります。


KaとDrakeは印刷、あとは手書き。


DrakeとC3は同一工場C3のIan Fox(品質管理担当)はStarboardのライダー。

*品質:Ka,C3,DrakeともCNCマシンで削りだしで良い。表面は滑らか、Boxにスムーズに入る。
   Wolfgangはハンドメイドです、特にBox部分は紙ヤスリで削った。
*フィンの具合については分かりません、今は。
*固さ:Wolfgangはカーボンなので固く横にはベンドしない。
   Ka,C3は G10ベンドする、Drakeは材質不明、ベンドする(長さもああるけど)。
*傾き(rake angle):C3の傾きが一番大きい、どのメーカも長くなると傾きが減少すると言ってます。
*形状:26cm-38cmレンジでFinの前がストレートかカーブ(曲線または直線2げ)Ka,Wolfgangは曲線(付け根部分/先端)、C3は直線(先端曲線)、
Wolfgangは根元がカットアウトされいます。C3はフィン後ろ側に特徴2段の直線で先端まで、Ka,Wolfgangは曲線。
38cmを境にそれ以上はストレートの形状なり名前も変わる。
*面積:不明、 面積分布不明ー>これは企業秘密。
*厚さ:どれが薄くて、どれが厚いか比較できるのはKa,Wolfgangの30cmとKa,C3の34cm。
   計測不可能といか面倒です。
*対称:
Wolfgangは非対称Finですがスターボートタック、ポートタックどちらもOK,。26cm以下のSpeedは非対称があります(Ka,C3),これらのフィンはスターボートタックのみ
Ka Site
C3 Site
Wolfgang site (G10もカーボン両方やっています)
Select 高い品質ですPorw Box,
Tuttle Boxとも。

2008年9月1日月曜日

2012ロンドンオリンピック ウインドサーフィンはFWか?

Update 2008 1030
もうすぐ11月8日です、この日に次期ロンドンオリンピックで採用ボード、リグが決定されます。
We forwarded our submission to ISAF on March 15 this year and a a final decision will be made by ISAF in Nov 08 .

Please read on for the full presentation.
update 2008 0907
http://www.sailing.org/23276.php これはBic Techno 293を 2010 Youth Olympic Games採用/2012関連ニュース ISA
http://www.formulawindsurfing.org/news.php?id=1378 Olympic windsurfing.. by Svein Rasmussen.
http://www.yachtsandyachting.com/news/?article=142028 Equipment chosen for sailing events at 2010 Youth Olympics関連ニュース

今年の11月7日に次期オリンピック競技種目、仕様(ウインドサーフン)が決定します。
これはセイリング担当のISA内で決定後IOCに申告する。
無くなる競技:マルチハル(カタマラン トルネード)
続行する競技:シングルハンドディギー(レーザー)、ダブルハンドディギーハイハポーマンス(49er),470,キールボート、シングルハンドのでかいやつ、ウインドサーフィン。

うんでもってスターボードからISAに対して次回は162Lのフォーミュラで行う提案がだされました、これは今年5月に提出済みです。でその決定は今年11月7日に判断されます。

仕様はスターボード 162Lフォーミュラ。
ボードはコブラで作るとオープンにしています(理由は実績とコストダウンが可能)。
Equipment proposal:
Board: Starboard Formula 162 litres
Fin: Starboard Formula One Design fin 70cm
 フランスのDEBOICHET
Sails: Starboard Formula 11m2 for men, 9.5 m2 for women これはセバーンです。
Masts: Starboard Blue Line 540cm for men, 490cm for women
 イタリヤのメーカを使う
Boom: Starboard Blue Line boom 270 for men, 240 for women これもセバーンか。
Extension/mast base: Starboard Blue Line 35cm Extension
 これもセバーンか。
*価格:RSXの2/3にする。
*販売チャンネル:世界中の通常のショップで行う。(これはいい 誰も即入手可能)
*パンピングのレースは面白くないと、6ノットからプレーニングするか(私にには分からんです)。
*ディンギーレースではパンピング禁止ですが。
*ISAの偉い人が11月7日に判断するかのようか?
 ISAの偉いがダガーボード(センターボード)にこだわるか、プレーニングボードレースにするか。

今回スターボード以下でISAにプレゼンテーションしているメーカはないようです。
提案をすると思われたエグゾセは提案していないようです。F2はリストラ直後で無理、ミストラルやらない。

RSX評価:高い、重い、遅い
FW評価:安い?、軽い、速い=> 吉野家, 最近吉野家に行ってないな。
スターボードのプロポーザルはここ