2008年5月27日火曜日

3Dモデリングソフトウエアー

以前からボード、フィンメーカが3Dモデリングソフトウエアーを使うのはあたりま。何処のソフトウエアーを使っているのか興味はあっのです。やっと分かったAutodesk Maya!!!

最近C3が復活し Autodesk Mayaを使っていた(左写真)、その次がボード同じくAutodesk Mayaで作ってる。Autodesk MayaはCNCマシン(3Dフライス盤に近い)と連動(今はあたりまえ)するで自動化でき、最後の仕上げ終わり、特にフィンは早くできる。

モールドが完成すれば後は量産ですが=>量産方式
NCで1枚1枚削り仕上げる=>半ハンドメイド方式

でもテストはライダーかそれともシュミレーションソフト使うか? 今のところライダーかね、シュミレーションソフトは高い。

C3
Boogie VierthがC3 Fin再開しました。(ニージランド)
開発者: Boogie Vierth
Sales+Marketing :Dave McPhee
Production Maneger :Ian Fox
Chief Tester :Martin van Meurs
マスプロダクションでコブラの様です。
http://www.c3-fins.com/C3_web/products.html

インターネットPaypalで購入可能です。運賃はフィン1-3枚でNZ$70,4-7枚でNZ$90,
7枚以上運賃無料のようです。
G10 Slalom/Speed 価格はNZ$260-300で今買えます
G10 STRIKE Asymemetric Speed(非対称スピード)そのうちでる。
G10 CYCLONE Wave 開発中
G10 FREERIDE 開発中

2008年5月26日月曜日

たこ部屋の整理整頓

日曜日はたこ部屋のゴミだして、古いMAC SE30(CRT焼ける),610はDriveが壊れた(今はSCSI無いね)、7600+G3-400M(OSX)*2台,9600+G3-400M(OSX)の動作確認しいてた。9600はサーバに変身したけど設定を変えたわけでない.。Diskは4driveだけど全部で200G程度まーいいか。ついでに無線機も電源入れたら動いた、12V30Aの電源も無事に動いた。この通信機は20年前の真空管からトランジスタに変わる頃の機械です。
その後新小岩の金魚屋(問屋)でメダカ10匹150円買ってくる、写真は金魚屋のタナゴと金魚。
小型の測定器は真空管仕様でアンテナの長さを測定する機械です。






2008年5月17日土曜日

Wolfgang Lessacher Finからギフト

Update 5/23 2008
Le Wo Duo Speed fins
サイズとセイルサイズは以下です、名前のとうりスピードフィンです。
フィンにあるコーンカーブがスピンアウトをおさえてくれます。
カットアウトが大きなセイル使えるようになります。
(昨日は逆の説明してしまった!!)
Depth cm : 22 25 27 30 33
Sail size qm : 6,0 6,5 7,0 7,5 8,0
のんちゃん:27cm で最大7.0まで可能です。


Le Wo Duo Speed rake 30°wide Fin
最新のフィンで幅広で 30度の傾きが付けてあります。
Webには出てません。サイズは28cm.25cm,22cmの3種類あるようです。
フィンにあるコーンカーブがスピンアウトをおさえてくれます。
カットアウトが大きなセイル使えるようになります。
ワイド 25cm はボード110L以下で 60cm幅前後が良いそうです、最大7.5まで可能です。
ビーチボーイさん:25cm ワイド 30度です。



ドイツのフィンメーカからフィンをプレゼンされました。
いただいたFinは非対称fin(Asymmetrical Windsurfing Fins)でした、BOX近くと先端近くが非対称です、Box近くの非対称と先端部分の非対称が逆になっている、それでスタボー/ボートどちらでも乗れる。いただいフィンはタトル、27cmと25cmの2枚でした。
製品はGrasfin(weed Fin),Slalom,Freeride,Wave,Freestleがあります、全部ハンドメイドだと思う。
材質はG10とカーボン。
Update 2008 5/20 Wolfgang Lessacheのwebsiteが変わりました(下)。
http://www.cameraid.com/Lessacher/index.html

非対称はこんな感じです、平側にはコーンカーブが入ってます(平ではない)。
非対称の入れ替わり付近はスムーズです。

ウエィブ

フリーライド      フリースタイル   スラローム

Speed Fin


http://www.cameraid.com/Lessacher/index.html

2008年5月10日土曜日

GT-11/31 ユーザーインターフェイス概要

Update 2008 5/11
GPSのweb site 今一が できた。


http://web.mac.com/yoshioakiyama/GPS/Main.html

///---------------------------------------------------------------------------//

GT−11/31のユーザーインターフェイスの概要(Tree構造)
11と31で異なる箇所が有りますが、基本構造は変わりません。31ではspeedメニューがありますが、11ではTripの中に大きな表示があります。
Googleドキュメンドを使用しています、このドキュメントが表示されたら”メニュー”をクルックしてください、次にGT-31UITreeをクリックすると 拡大でみる事ができます。
Apple MacユーザーはFirefoxを使ってください、Safariでは表示がよろしくない。
*ドキュメント内の??は Open Office / Apple Keynote / マイクロソフトPPTの差分です。
 GoogleはOpen Officeでワード、エクセル、パワーポイントで互換あり(だたしマクロは注意です、動作しない場合もある)。
このPPTは 始めマイクロソフトPPTで作る、編集がApple Keynoteで、最後がOpen Officeに渡した。

2008年5月6日火曜日

GT−11/GT−31のクイックスタート

GT−11/GT−31のクイックスタート。(ユザーは5/6現在2名)
もうすぐ 3台くるのでお待ちください、昨日確認メールを出しておきました。
クイック スタート ガイド日本語版ができました。
ユーザーインターフェイスの構造を今作成中です、これがあれはマニアルを読まなくても分かりやすと思います。

*GT-11 :FW Version 1.61はウインドサーフンバージョンです。

Step1 電源ON
Step2 衛星3つの認識開始 
   GT−11が衛星を認識したかの確認方法は2あります。
Step2.1 電源ON後衛星の電波認識開始します、約45秒で確認が完了します。
   3つの衛星を確認(認識)すると表示画面がフラシュします。
   クリヤースカイの場合は45秒程度完了です。(森戸の浜中央で45秒です、都内空が見渡せる場所ですでも45秒です)
   Step3へ

Step2.2 フラシュ(LEDが光ります)を見逃した場合はサテライトモードで確認できます。
    スティクを上下右左に動かして緯度、経度の表示の所で緯度、経度数値があれば
    衛星3確認です。
    Step3へ
Step3 Max SpeedをZeroクリヤーにする。Max Speedの値はホールドされています。
   毎回使用される時はクリヤーしたほうがいいでしょう。
   Naviの項目へ移動。

  1)スティクを動かしてMax Speedを表示する。
  2)スティク押してZeroクリヤーする。



Step4 ここからは使い方です。
   Speed表示(表示画面に大きな文字で表示されます)
   Naviモードでスティクを動かしSpeed表示します、このモードはリアルタイムで
   現在の速度表示し続けます。通常はこのモードいいです。

   Max Speed表示(表示画面に大きな文字で表示されます)
   これは衛星認識後から今までの最大速度表示です(Max Speed)。
   これは浜に戻って見てもいいです、または海上で見てもいいです。
  
   Zeroクリヤーを忘れると以前の最大速度表示です、今日は40kmでも前日が
   50kmなら50kmが表示されますの注意。

充電(チャージ)
チャージャーは2つ有ります、100%充電時間:4時間
1)AC100〜220v USBチャージャーです。
2)自動車にライターからのUSBチャージャーです。

GPSAR.GPSAR-ProにGT−11/GT−31のデータの解析する場合はSDメモリーカードが必要です。
1Mもあれば十分です。(内蔵メモリーもGPSARに使えます)

2008年5月1日木曜日

F2

F2が負債をかかえてしまい、新しいマネージメント メンバーで再起するようです。
€ 5.814.000, - -, にたいし book ingが€ 5.647.000, - - ,でマイナス € 167,000, - -.
マーケッティングと開発費がかさんだよです。 
各フォーラムで噂されているのはコブラ社生産済みのF2ボードどうするか?
1)叩き売り 2)ブランド名変えて売り出すとか。
いすれにしてもF2の復活を祈るっています(EU, AU,NZ,USAの連中は)。


下線のテキストはスターボードのフォーラムにあった、また同様の内容が別のフォーラムあった。
F2のからの手紙は正式アナウンスです。

"If the insolvency proceedings can be closed successfully......."

That's a big IF and if I was a betting man I'd say the first thing to be slashed from the Co. (IF they can survive after paying all the legal & insolvency administration costs) would be its R & D department then probably any sponsorships.

Food for thought though - What will happen on any warranty claim in the immediate future?

Lets hope it can be sorted out.

Just heard about this:

Due to its inability to pay and insolvency the F2 has internationally GmbH, FN Alpenstr. 99, 5020 Salzburg, 290347g, vertr. D AP Dipl. Ing. Gerald Pa with the national court Salzburg the request for opening of the bankruptcy posed. With today's judicial resolution one allowed to this request (23 S 21/08w).


Procedure data:
The report hearing takes place to 15.05.2008
Demands are, even if over it a law case is pending already to make valid to at the latest 20.06.2008
The test hearing was fixed for the 03.07.2008
Insolvency causes:
The F2 internationally GmbH is busy with the production and the selling of sports articles, it concerns Windsurfboards, Snowboards and soft connections in particular.

If one follows the data in the bankruptcy petition, the however partner bought the partial enterprise including mark "F2" from a company Boards & More GmbH with seat in Rabach 1, to 4591 Molln, in the year 2007. In order to secure the financing, a unbesichertes partner loan was put to the nunmehrigen common debtor company of € 1.925.000, - - at the disposal. By end of the first financial year - the common debtor company balances under-year old in each case in February - it was certain that with sales profits by approximately 5.2 Mio.€ a negative result was gained by approximately 2.2 Mio.€, with which of the Alleingesellschafterin invested capital was used up in only nine months.

Causally for it the high cost load is in particular for the care of mark and image; in the bankruptcy petition running runner staffs, are stated world-wide marketing meetings as well as substantial advertising expenditures which are confessed to attainable sales profits in no relation at planned and/or in foreseeable time. Beyond that are also enormous development costs for the product range of the enterprise for the insolvency responsible.

After plan calculations had resulted in from a tax consulting company the fact that also in the season 2008/09 a further loss of at least one further million euro was foreseeable was stated on the basis a scenario plan the fact that a reorganization out of court was to be excluded and saw itself the enterprise therefore compelled to the bankruptcy petition position.

Financial circumstances:
The statement of assets and liabilities after liabilities of € 5.814.000, - -, book values of € 5.647.000, - - opposite, with which the insolvency would amount to only round € 167,000, - -. The smashing values plan however - after consideration of the right to seperate settlements as well as "adaptation" of the enterprise - remaining liabilities of € 4.991.000, - - with total assets of only € 791,000, - - .

The aforementioned adaptation concerns the intended Redimensionierung of the ranges marketing, advertisement and product care, which would correspond to a substantial cancellation of the circulating capital. From the premises mentioned a "theoretical" ratio of 12 % for the creditors results.

To mark it is that it concerns with these scenarios mentioned only acceptance and must the actual situation in the bankruptcy proceedings naturally only develop.

Possible obligation reconciliation:
Positively for the glaeubigerschaft it is to be called anyhow that in the bankruptcy petition it is already stated that the F2 intends to place internationally GmbH the request for conclusion of an obligation reconciliation.

Are the creditors 20% - bar ratio, after acceptance and confirmation of an obligation reconciliation to be offered payable at short notice.
To mark it is that it concerns for the time being thereby a declaration of intent and was not brought in a concrete obligation balance request yet.

To be fulfilled obligation reconciliation is in all other respects by the fact that is intended to continue the enterprise also in the bankruptcy.

The Fortbetrieb is in all other respects to become secured by financing by borrowing third, as this credit should cover the liquidity gap from the Fortbetrieb for planned three months. This Fortbetrieb is to create among other things the condition for intended obligation reconciliation, whereby it is intended that the enterprise is away-operated also after conclusion of obligation reconciliation, however in a substantially redimensionierten extent - see above - whereby in the bankruptcy petition is aforementioned that with realization of

the scenario the common debtor company is confident, the warranty third for the fulfilment of obligation reconciliation to receive.

Firm book:
The F2 internationally GmbH was created with articles of association of 1.3.2007 and is logged in the firm book of the national court Salzburg to FN 290347g. Alleingesellschafterin with a fully installation-paid investment at a value of € 100,000, - - is the Sir Francis Heath private donation. As according to commercial law managing directors functions Dipl.Ing. Gerald Pa. Still in the firm book stated the managing director engineer likes pure hard yard farmer according to the data in the bankruptcy petition back stepped.

For further information:
AKV EUROPE
GST Salzburg
__________________
Cheers - MarkH

The toys: iS76 - iS111 - iS144 - Kombat 105