2008年12月27日土曜日

2008年ワイプアウト

カバーページはこの方にしました なんとなくいいのです。
アルバムの移動したらスライドショーで見てください。
2008ワイプアウト

2ヶ月乗ってなかった。風が無い!!!

今日は風無し、でも出て行くのです。
送信者 2008_1227Morito/Mr Fuji from Tokyo

豊洲のララポートの屋上からの富士山、森戸の富士山。
送信者 2008_1227Morito/Mr Fuji from Tokyo

会社の簡易ベッドで寝ました(11/16)、枕はシュレダーのくずを利用してゴミ袋詰める。
枕は失敗でした 始め良かったのですが 5分ぐらいでペッタンコ。
送信者 2008_1227Morito/Mr Fuji from Tokyo

2008年12月26日金曜日

Update Hydroptere沈 /Macquarie Innovation

Update 2008 Dec 26
WSSRに61ノット記録は残せないようです。500mを61ノット以上(平均?)走れなかった。61ノット近くの速度でピッチングロールして減速ー>ゆっくりノーズダイブ。100-130度のダウンウインド。ピーク速度61ノットのようです、でもカイトがピークで61出しているらしい。



12月21日Hydroptèreが1回目のランでピーク61ノットを記録、風速は35-38ノット(ガストで45ノット)、海面はフラットではなかった。このときナビゲーションが難しく非常に危険だった。この異常な速さで(61ノット)でクラッシュし沈したそうです。その後ボートに引かれて行きました。
12/21/08
Update


Yellow Pages Endeavourプロジェクトを引き継いだMacquarie Innovation

今日は風速17kntでセイルリング速度50 knotsでたようです(カタマラン クラスC)、記録が申請中。クリスマス後再度500m run 50knotsに挑戦。
*ピーク速度ではなく500mの平均速度が50knots。この500mは基準でカイト、ウインドサーフン、モノハル、マルチハル、水中翼の各クラス適用。次にあるのが1海里(1.8Km)の速度です。
先月のSailRockets(クラス B)の50knots記録はペンデングのようです(確定していない)。

下の絵は昨年の挑戦でウイングこわれる。

2008年12月24日水曜日

このオンボードカムのライダーはすごい/これだけやれば 回れる。

このオンボードカムのライダーはすごい、他のライダーを撮影する為に乗っている。
なのでこのライダーはコースを変えない、他のライダーが彼に接近してその前を走らせている。
カメラとヘルメット+頭にしつかり取り付けてあるし、頭を動かさない様に乗っている。

Caméra embarquée Windsurf from flyingbreizh22 on Vimeo.

これだけやれば 回れる。”アンダースタンディング ウエブ”。Ezzy.
The Secret of the FORWARD LOOP!!

2008年12月19日金曜日

絵追加+コブラ/マスト/Pastilla on board cam AHD


*コブラはまだストラキ中、11月生産分は出荷可能か、12月生産ない。

*マスト:MQC(マクラーレンコンポジット,Powerex,HPLの親会社)2006/7年から中国杭州(HZ)工場稼働。NPは2007年頃イタリアのマストメーカからPowerexのOEM供給に切り替える。でもってマストの製造も中国HZです2008年は本格稼働。NPのマスト トラブルは工場移転よるものかも(品質、行程管理)。今は大丈夫でしょーー!!! 中国の工場/現場経験者の私はよーく分かるのです。。

Powerx : NP,Simmer Naish
イタリア:Ezzy RDM,Sailwarks,Ka.North
Killwell 製造(ニュージランド):HotSails Maui RDM's

OEMの場合各ブランド(Simmer/Naish等)がフレックトップベンドカーブ、コンスタントベンドカーブ、スティフトップベンドカーブ等の要求(仕様)に合わせて製造するのでSimmer/Naish/NP/Powerexが同じ仕様ではない。イタリアのマストメーカでも同様です。

Maui :スティフトップベンドカーブ(トップが固い)
Sailworks,Ezzy,ka,Simmer,Naish,Gaastra:コンスタントベンドカーブ(普通)
NP:フレックトップベンドカーブ(トップ柔らかい)

Dec 3 2008 On Board Cam

Can Pastilla on board from totalwind on Vimeo.

2008年12月17日水曜日

2008 ISWC Speed:World Cup ランキング アナウンス

今年やっとKaSailがセイルメーカ部門で3位になりました、ボードメーカではCaarbonArtが4位になる。KaSailのCarbon Artともがんばった。

http://www.speedworldcup.com/press-releases/

Sail Manufacturers Category:
1. North Sails, 2226.758 points
2. Loft Sails, 1660.934 points
3. KA Sails, 693.134 points
4. Simmer Sails, 676.632 points
5. Neil Pryde, 548.261 points

Board Manufacturers Category:
1. Starboard, 1812.421 points
2. Fanatic, 1687.947 points
3. Thommen, 901.132 points
4. Carbon Art, 844.953 points
5. Exocet, 676.632 points

Mens Category:
1. Cyril Moussilmani (FRA, Fanatic, North) 749.683 points
2. Ben van der Steen (NED), 676.632 points
3. Bjorn Dunkerbeck (SUI, Starboard, Proof, North) 668.569 points
4. Antoine Albeau (FRA, Starboard) 548.261 points
5. Philip Adamidis (GRE, Fanatic) 537.600 points

Womens Category:
1. Valerie Ghibaudo (FRA, Loft Sails), 614.125 points
2. Zara Davis (GBR), 431.875 points
3. Marion Raisi (FRA), 337.083 points
4. Karin Jaggi (SUI, North Sails), 335.000 points
5. Birgit Hoefer (GER), 316.875 points

Nations Category:国別
1. France, 2447.227 points
2. Netherlands, 1612.719 points
3. Germany, 1509.458 points
4. Switzerland, 1377.090 points
5. Greece, 1063.119 points

Dec, 2008 ISWC Speed:World Cup

Thanks to the fabulous effort from the KA Team we have finished the season ranked 3rd Overall Sail Manufacturer in the ISWC Speed World Cup.
This once again reinforces the fact that Koncept is a true force to be reckoned with.
Details on the ISWC site. here...

http://www.speedworldcup.com/press-releases/

2008年12月14日日曜日

BOARDSマガジンの道具テスト風景

BOARDSマガジンで行われるボード、セイルのテスト。
購読者(ウインドサーファー)多いのでお金もあるのです、海外(UKの外)で定期的にボード、セイルのテストやります。SL記事は来年1月号にでるかも。
動画のしたにテストしたボード、セイル リストがあります。

BOARDS TEST TRIP - Sinai, El Tur, November 2008

BOARDS TEST TRIP - El Tur, NOV 2008 from augustyna on Vimeo.
##### テストした道具 #####
# Freestyle Wave / Freemove
# Size: Width 60–62cm, Volume 95–100l
AHD Rebound 93/60
Exocet Cross 94/59
Fanatic Freewave 95/61
Goya One 95/61.2
JP Freestyle wave 92/60
Mistral Syncro 104/61
Mistral Style 95/61
Quatro freestyle wave 95/61.2
RRD freestyle wave 95/60
Tabou 3S 97 97/62
Thommen Cross X 97/59.5
---

# Small Freestyle Wave / Fast wave boards
# Width 55–57cm (FSW) or 56–58cm (fast wave)
# Volume 75–80l (FSW) or 80–85l (fast wave)
Exocet Xwave 83 83/56
Fanatic Freewave 77 77/56
Fanatic New Wave 81 81/56.5
JP Freestyle wave 77 77/56
Tabou 3S 76 76/57
Mistral Twinser 84 84/59
RRD Freestyle wave 80 80/56
RRD Twinser 82 82/57.5
---

# Fast Freeride / Slalom
# Width 65cm, Volume 105–115l
Fanatic Ray 110 110/65
Screamer 104 104/65
Exocet Warp Sl 66 105/66
JP Supersport 65 109/65
Mistral Slalom110 110/66
Tabou Rocket 115 115/64
---

Crossover sails of between 5.8 – 6.0m
Pryde Firefly 6.1
Pryde Excess 5.9
Gaastra Remedy 6.0
Tushingham Storm 6.0
Naish All Terrain 6.0
North Duke 5.9
North Natural 5.8
---

Big sails: 比較
NP Helium vs Gaastra Plasma - 7.5m2
NP Helium vs NP Helcat vs NP V8 - 7.5m2
---

Quiver sails:
2 x Tushy T’bird 6.5
2 x Pryde Alpha 5.4
3 x Tushy Storm 5.25
2 x Gaastra 5.0
2 x Tushy 4.7
2 x North Ice 4.5
---

Booms:
6 x 150-200cm
4 x 175-225cm

# TESTERS:テストしたライダー。
- Ian Leonard
- Emile Kott
- Dave White
- Sam Ross
- Paul Griffiths
- Helen Trehane
- Chog Burley
- Mariusz Golinski

###

...::: Filmed and edited by Andrzej Jozwik :::...
...::: © 2008 augustyna.pl :::...
---

2008年12月13日土曜日

NZ Taranaki Wave Classic

NZ Taranaki Wave Classic
40年前からここでサーフィンが行われ20年前からウインドサーフィンが始まりました、ここは大きな波とcross shore windsになるようです。イベントは1998年Dave "Biggy" Smithers によって始まり、現地の工場がスポンサーになり盛んになる。
その後2001年からCarbon Art(James Dinnis)がスポンサーサとなり開催を引き継ぐ、2002年からは Deepfried ProductionsのオーナーChris Brownが引き継ぎ( www.deepfried.tv )現在いたる。年々大きなイベントなりBOARDS,WINDSUFにも紹介されています。

Carbon ArtのJames DinnisはWave Riderでもありシェーパ/デザイナーです。動画では2004年
のスキッパーミーテング(話しているのがJames Dinnis)とイベントです。
Carbon Artの所在地はタラナキ町(Taranakiのオカト)、ここでボード作っています。

http://www.taranakiwaveclassic.com/gallery.htm#


NZ ウエリントン 2007

2008年12月9日火曜日

sailrocketが50Knot超えたが!2008 Dec 3

飛んだ動画で1回目で50ノット、2回目の50ノットで飛んだ。



sailrocketがナビビアで50knt越えた、その直後、 飛んでしまった。(2回目のトライ)
目的は最高速度なのでミションは成功、また挑戦。
http://www.sailrocket.com/




2008年12月8日月曜日

AB+ Web Site

AB+のWeb Siteが出来たようです。
ライトウインドスラローム、ハイウインドスラローム、スピードの大きく3モデルがあるようです。





2008年12月7日日曜日

コブラ 閉鎖(賃金闘争)12/3

2008年12月4日 タイのコブラ賃金闘争で閉鎖:ボードも生産停止?

主要なウォータースポーツ用具メーカーCobra(タイ)はチョンブリ工場で操業停止。
今朝2,000人の社員に閉鎖を通知した。(12月3日から閉鎖中)
ストライキやる前に会社側が閉鎖してようで、政府が仲裁中。要求と回答の差が大きい。
12月4日に会社が新たな回答した。その後update無し、どうなったか。

当然各メーカの生産停止中(でも週末だ)、週明けに決着が付けば問題ないけど、長引くと
よろしくない。
http://www.nationmultimedia.com/2008/12/04/national/national_30090153.php

Dunkerbeck flips his sail /Antoine AlbeauさんJPに移籍

今度はDunkerbeck さんがSEVERNEに移籍。




Antoine Albeau さんJPに移籍3年契約、2009 2月1日から活動開始。SB側はプロの移籍は当たり前なので気にしていないようです。これは11月26日ニュースです。

Antoine さんのコメント: “This was a rather big decision for me. I am glad that I went for it and I am very happy that I will be part of JP next year. I really look forward to work with Werner Gnigler and the whole JP team. I will be very involved in the development of the performance oriented boards within the JP line and I can’t wait to get started.”

なんで移籍したの ”インタビューは後日” のようです。

あそーだ SUI11 BJOERN DUNKERBECKさんはT1からSBに来た。

Snowfer

カナダのオンタリオ州にあるメーカです。Can$1,650
雪、氷上の両方できます。両サイドのエッジを氷上用と雪用またその中間(両方)のエッジがあるようです。
http://www.snowfer.com/indexb.html



2008年11月30日日曜日

以前もあったwindsurfing-the-game

このゲーム ネットワークゲームもできます。(port 27015)
未だネッワークゲームはやったこがない!!


サイト
http://www.windsurfing-the-game.com/
ここに対戦結果
http://www.windsurfing-the-game.com/competition.php
ネッワークゲーム
http://www.windsurfing-the-game.com/network.php

PCはWinだけか、MAC(PPC G4は動かん)インテルMACも以下のグラフィックチップが乗っていないと!!!
3D-Accelerated Graphic Card supporting Vertex Shaders V1.0.
- ATIs Radeon 9250 Series and above.
- NVidias GeForce FX5600 Series and above.
- Intel graphic chip 915M
- Processor speed greater than 1GHZ
- Windows XP with DirectX 9

2008年11月26日水曜日

カイトの50ノットオーバ認定されず

ワールド スピード セイリング レコードからカイトの50ノット記録が取り消される。
ISAFがカイトをセイルと認めなかった、理由はセイルはボードまたはハルに垂直に近い状態で取り付けてあること、また風に対して同様あること。でカイトはこれに当てはまらない。
(ウインドサーフィンもセイルを45度以下に寝かせてはいけない?? 笑える。)
*誰かが言ったね、これは。

今年10月のカイトサーファーの50ノット越えのレコードはスピード セイリング レコードにはなりませんでした。
Alexandre Caizergues, Robert Douglas and Sebastien Cattelan,はLuderitz Speed Challenge(2008年10月)で50ノットを超えました。また彼らはレコードの取り消しに同意したそうです。(50.57 by Alexandre Caizergues )
それでまたウインドサーフィンの連中が今年の冬にフランスのカルナで再度50ノット越え挑戦するようです。
(Antoine, Finian, Bjorn and Whitey can all strap up their speed boards again )
でもここは人工のコースで風向に対して90度から135度の直線500m。

別なところではカイトはセイリングかの論争中。
*たとえばスピネーカはカイトだろー。
*マストにカイトを取り付けばOKか?
ISAFはThe International Kiteboarding Association公式に是認。

gps-speedsurfing.comではこれについてコメント無し、どうでもいいみたい、そーーここは誰でも参加(世界中)できる、場所は問わず。みんなそれで楽しんでいます。

2008年11月22日土曜日

2008年11月14日金曜日

2012オリンピク ウインドサーフィン

あれーま イベントと道具決定会議ではRSXになったとか。(vents and Equipment committees voted RSX
FW ODは無理なのか 11月14日の夜中か15日の朝にはもっと分かるかも。それからイベントコミッティーは北京で1回しか使ってないので次のオリンピクにまだ新しいのよろしくない。


12th November 2008 (14:38:03) - Anonym, wrote :
any news?


12th November 2008 (15:44:43) - ceri (ceri at offshore-sports dot co dot uk), wrote :
yes - bad news ! Events and Equipment committees voted RSX


12th November 2008 (19:49:47) - anonym anymal, wrote :

オンボードカム ハワイ

追いかける側、撮られる側とも。


SAILROCKETが45ノットだす、以前ナビビアのトライヤルではハルとセイル部が折れてしました。今回は問題なさそう。

2008年11月8日土曜日

Mast Bend Curve


IMCS Bend Curveの計算方法
測定はマストのセンターに30kgの重りを掛けます。(この測定は簡単できます、ウエイトリフトのバーベル30kでマストの中間に吊るす)
次にたわんだ長さを測定します、計測位置はマストのボトム(下)から1/4,1/2,3/4です。
例)測定結果が以下の長さとします(たわんだ長さ)。
1/4=13cm
1/2=20cm
3/4=15cm

計算:マストの下半分ベン度率(A)、上半分ベン度率(B)の計算します、次にB-A=IMCS Bend Curveとします。
1)マスト下半分(A)
13cm × 100 / 20cm = 65 %
2)マスト上半分(B)
15cm × 100 / 20 cm = 75%
3)B-A=IMCS Bend Curve
75-65=10
このマストではIMCS Bend Curveは10になります。

この数値からマストの特性を知ることができます。
0 - 6: Hard top.
7 - 9: Hard top - constant curve.
10 - 12: Constant curve.
13 - 15: Constant curve - flex top.
16 - 18: Flex top.
19 - 21: Flex top - super flex top
22 - : Super flex top.
IMCS Bend Curveを測定した結果があります。(下にリンクしてあります)

*NP
NPのマストに他社セイル使わないように言っています(測定したオランダの方が言っています)。NPマ ストとNPセイルを推奨する。NPマストはConstant curve - flex topとFlex topです。特にMAUIセイルと合わないと。NPの年代によってベンドカーブ値が異なります。これはデザイナーが変わるため。
*MAUI
MAUIのマストはHard top - constant curveのようです。Hard top - constant curveはドラフトが浅くなります、またカムがマストに接触しない傾向あります。戻りはスムーズです。リーチはヒラヒラではない。
*GASSTRA
GASSTRAのマスト2種類あるようです、これはBarry SpamierとPhill McGainがい在籍していた時のマストとDan Kasseler(現在)のマストは異なります。Barry SpamierとPhill McGainはHard top - constant curve. Dan KasselerはConstant curve.
Dan Kasselerは初めHard top - constant curveマストでデザインしていましたが、NAISHで成功した Constant curveマストに変更しました。初期のVaporsはHard top - constant curveマスト仕様。
GASSTRAはアナウンス無しに2007からレースマストをconstant curveに変更した。
*NAISH SAILWAKER Ka Simmer: constant curveを維持しています。
*NORTH:constant curveに近いマストです。
*SEVERN:constant curveに近いマストです。

後はエックステンションを考慮してセイルをデザインしています。(上記表はマスト本体の計測です)エックステンションの長さ、材質でBend Curveも変わります、でエックステンションが短かれはデザインも楽?でKaのKoncept(3cam)エックステンションは2008モデルで6.6までは0cm、2009モデルは6cmに変更した。

Dec 2008
*マスト:MQC(マクラーレンコンポジット,Powerex,HPLの親会社)2006/7年から中国杭州(HZ)工場稼働。NPは2007年頃イタリアのマストメーカからPowerexのOEM供給に切り替える。でもってマストの製造も中国HZです2008年は本格稼働。NPのマスト トラブルは工場移転よるものかも(品質、行程管理)。今は大丈夫でしょーー!!! 中国の工場/現場経験者の私はよーく分かるのです。。

Powerx : NP,Simmer Naish
イタリア:Ezzy RDM,Sailwarks,Ka.North
Killwell 製造(ニュージランド):HotSails Maui RDM's

OEMの場合各ブランド(Simmer/Naish等)がフレックトップベンドカーブ、コンスタントベンドカーブ、スティフトップベンドカーブ等の要求(仕様)に合わせて製造するのでSimmer/Naish/NP/Powerexが同じ仕様ではない。イタリアのマストメーカでも同様です。

Maui :スティフトップベンドカーブ(トップが固い)
Sailworks,Ezzy,ka,Simmer,Naish,Gaastra:コンスタントベンドカーブ(普通)
NP:フレックトップベンドカーブ(トップ柔らかい)








2012 ロンドン オリンピック

次期オリンピックのFWになるかまだ分かりません。今会議開催中です、たぶん9日か11日には結果がでるでしょう。
会議開催予定。
Windsurfing Committee:11月9日
道具Committee:11月11日
イベントCommittee:11月12日
最終は11月15日

2008年11月7日金曜日

イタリア北部アルプスの麓

今年の夏 イタリア北部アルプスの麓にある大きな湖。ここではウエイブがない、でどうやってウエイブセイリングを楽しむか?

2008年11月4日火曜日

ナイトセイリング

Update 2008 11/05
ナイトセイリング (サーデーポイント(AU) 11月2日)。
本当にヘルメット(LEDライト)でナイトセイリングしたよです、このLEDライトは3時間で電池切れでした。でもよく見えない、ジャイブしたよです。


ナイトセイリング ビデオ


夏になったオーストラリアのウインドサーファーは夜もやりたいらしい。
それでこのヘルメットを作った、防水です、6時間使用可能、電源は背中か?





9人乗り

日曜日も昨日の風が無く残念でした。これででも見てください、9人乗りです。
最後に曲乗りがあります

2008年11月1日土曜日

Carbon Art 2008/9 フリーライドボード

先日carbonArtのJames Dinnis さんに問い合わせる。
以前のクロスライド、その前にスタイル(今使用中130L/75cm)は同じようなデザインでしてた。今回のフリーライドは大きく変わりました。デザインは彼がしてそうです、ハルはVeeパターン、ロッカーはスラロームモデル+スピードボード組み合わせる。

Update
全てのボードでストラップポジションは追加可能です。(オプション)
塗装はメニューから選ぶか、スタンダードの白です。単色も選べます(多分オプション)
Slalom,Speed,FreeRideのFin BoxはTT。
Wave WaveSCのFin BoxはUS Box。
ストラップはCarbonArtオリジナルのロゴになりました。
Slalom,Speed,FreeRideはFinは含まれません。

価格はUS$1720(運賃含む)DHLの混載便で送らます。為替レート(円高)になり今買い時です(2008年12月23日現在 1$=¥90)、決済はカード(ビザカード、マスターカード)。
デポジットで先に50%支払います、残り50%は出荷後になります。
*今年からCNCを入れたので精度が上がる。
  コアの削り(CNC)後はハンドメイド仕上げます。
*ヴェンドバルブはCarbinArt独自方式を採用、開け閉めの必要なし。(ゴアテックス)
 Styleを3年以上使用しているが問題なし、夏の直射日光で内部膨張、冬でも問題なし。


CarbonArt: FreeRide
.............L........W....V...Kg..Fin...Sail.....TW...NW.TR..STR..1.2..1.8.NR.FinBox
FR60 2500 600 100 6.5 340 5.0-7.0 370 444 0 760 4 46 192 TT

FR68 2500 680 118 7.5 380 5.5-7.5 420 505 0 760 4 46 192 TT
FR77 2500 770 125 8.0 440 6.5-8.5 480 570 0 760 4 46 192 TT

-----------L----W---V---Kg-Fin--Sail---TW--NW
Futura111 2440 685 111 7.0 380 5.0-8.0 437
-----------TT(30-42)
WarpSL71 245 710 118 6.7 6.2-9.0 456
520-------DT
WarpSL71はエグゾセです、ここはNW,TWを公開しています。
スターボードはTWまで公開してます。


右が計測ポイントです。
TW:ティル幅 単位mm
NW:ノーズ幅単位mm
TR:ティルロッカー単位mm

STR:プレーニングストレート単位mm
1.2:ノーズロッカー1.2m単位mm
1.8:ノーズロッカー1.8m単位mm
NR:ノーズロッカー単位mm
TT:タトルボックス

2008年10月28日火曜日

West Kirby Speedsailing

West Kirby Speedsailing イギルスのWest Kirbyは風が吹き出しよいよスピードチャレンジが始まりました。南(オースラリア),北(イギリス、ドイツ、デンマーク),フランスの例の場所(作られたコース)。
セイル:3cam以上 サイズ6.0以下
ボード:60-80L 幅は40-50cm.

まずはWest Kirbyからです。

West Kirby Speedsailing from steve thorp on Vimeo.


2008年10月25日土曜日

ループの練習/フランスのあんちゃん

御前崎みたいなところでループの練習、再生真ん中あたりでマストが海底に刺さるのです。




今年の8月 フランスのあんちゃん。

Caméra sur le wish à Mazerolles 19.08.08 from opop on Vimeo.

2008年10月23日木曜日

オンボードカム

バックループ オンボーカム、すごい。
テキスト表示でアドバイスがあります。

フォワードループ


これは本物か? 本当に飛行機に引っかかったのか?

2008年10月18日土曜日

Josh Angulo winning 2nd round of Slalom on PWA World Cup Sylt

Josh Angulo winning 2nd round of Slalom on PWA World Cup Sylt


Josh Angulo winning 2nd round of Slalom on PWA World Cup Sylt from MauiSails.com on Vimeo.
Fat face UKからです、夜のセイルリングもあります(アマアチュアーレース)


同じく fat face

2008年10月15日水曜日

ハーネス位置決め道具?/風の吹く季節?

inTUITIONから
CAIBB SHEETSが届きました、なにをするのかと言うと。
ハーネスの位置を簡単に決める道具?です、非常にシンプルな物です。7.5まではこれでハーネスの位置が決められる。
*右絵は位置決めの説明図です、ショックコードに黒の目印が有ります。
*このシートは裏、表にマストトラック位置説明、ブームの高さ、ハーネス位置/長さ、バテンテンション説明、ストラップの位置説明、ダウンホール説明、アウトホール説明などが書いてあります。面白そうなので買ってみました。

で実際にタケちゃんからもらったブームで試してみる、ブームの長さは180cmとして。ハーネスの位置はどうなるか?
**ラフ(ブームの先)からアウトホールまで180cmとして。
**大体のセイルはラフから1/3にパワーポイントあるとのこと。
で 180cmの1/3は60cm =ラフから60cmになるか見てみる。
-----------------------------------------------------------------------
黄色いショックコードの黒マークは59cmを指している??                





                                 


黒マークをブームまで移動すればそこがハーネスの位置になるようです、今度浜で試してみます。ガイさん曰く 位置が決まったら微調整を進めてます!! 1回で決まらないでしょう。。
でもリグをセットしから確認するのには良いかも、何本も専用ブームは持てないので。。 
       
             











**************************
NASAが風力発電に適した場所/季節を調査した。
右の絵は北半球を基準に夏と冬の風の吹く場所を表したものです、ピンク色ほど風が強い。
北半球は冬に風が吹く事が分かります。日本は冬が良いようです。